『お嬢様はご機嫌ナナメ』がナナメ上の名作すぎる

 

どうもしんさんわーくすです。

今回は、趣味のゲームの話題を書いていこうと思います。

取り上げる作品は、美少女ゲームブランド「ensemble」さんから発売されている『お嬢様はご機嫌ナナメ』です。

『お嬢様はご機嫌ナナメ』は、ensembleさんの第6弾作品で2013年5月24日に発売されました。

僕自身、1ルートを終えたばかりで、まだ全シナリオをクリアしたわけではありません。そのため、シナリオについてそこまで踏み込んだことを書くわけではないです。

ただ、1ルートをクリアしてみて、プレイ前に抱いていた作品の印象が180度変わっていることに気が付いたのですね。

作品のキャッチコピー通り、ナナメ上を行く作品でしたw

若干、ネタバレしてしまうかもしれませんが、1周目をクリアしてみて感じたことを書いていきたいと思います。

そもそも「お嬢ナナ」ってどんな作品

まず、簡単にですが『お嬢様はご機嫌ナナメ』のストーリーについてご紹介していきたいと思います。ザックリとした説明なので、詳しいストーリーについては公式サイトを参照してください。

主人公・桜咲元は、ヒロインである七枷七波(ななめななみ)レディーズ・ヴァレット(お嬢様付き従者)として仕えています。

このヒロインの七枷七波は、日本で1位2位を争う、七枷財閥の後継ぎです。さらに、めちゃくちゃ美少女という設定です。

七波は日々、どこぞの御曹司から求婚されるという生活を送っていましたが、求婚が受け入れられるにはお嬢様付き従者の桜咲元と決闘して勝たなければいけないというはっちゃけた設定があります。

物語は、天然系でイマイチ何を考えているのかよく分からない七波が主人公の借りているアパートにやって来て、「庶民の生活を教えてほしい」と言いだす所から始まります。

「お嬢様ナナ」はナナメ上を行く作品

そんなストーリー紹介やOPテーマの雰囲気のこともあり、ギャグが中心の賑やかな作品なのかと思っていました。

しかし、財閥の後継ぎを巡るドロドロとした人間関係や財閥の崩壊の描写もあり、割とシリアスな展開が多かったという印象です。

コミカルな作品なのだろうと思っていただけに、虚を突かれました。

あと、特徴的だったのは経済を題材として扱っていることです。

しかし、この部分については僕自身でも「ん?」と思う部分があり、作品に出てくる内容が正しいのかどうか疑問でした。

調べてみたところ、おかしな部分があると指摘している人が他にもいました。なので、これに関しては経済の勉強をちゃんとして、後ほど検証してみるのも面白いのかなと思ったりしています。

まとめ

まだまだ、書きたいことがたくさんあるのですが、長くなってしまいそうなため、この辺でまとめに入りたいと思います。

『お嬢様はご機嫌ナナメ』をプレイしてみて、感じたことはシナリオが長いなということです。

七枷財閥が崩壊する第一部と元と七波が庶民の生活を始める二部に分かれています。

しかし、戦闘シーンやラブコメ、ギャグといった要素がふんだんに盛り込まれているため、プレイしていて引き込まれます。

作画も個人的に好きだなと感じました。原画は武藤比史さんが担当しています。

『お嬢様は素直になれない』の近衛六花や『乙女が彩る恋のエッセンス』の千原乃亜の原画を担当している方ですね。

どっちも、義妹というのがまた面白いですね。

ということで、まとめきれませんでしたが、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

続きをプレイしてみて、気になるところがあればまたブログに書きたいと思います。

それでは~

 

ちなみに、僕が遊んだのはiOS版のアプリです。アダルトシーンが苦手な方はこちらをプレイしてみるのも良いかもしれません。

『お嬢様はご機嫌ナナメ』萌えAPP