あなたの仕事は大丈夫?AI時代を生き抜く

どうも、しんさんわーくすです。

一時期ネット上では、AIの発達、普及によってなくなる仕事ランキングが話題となっていましたね。

そういったランキングは、いたずらに危機感を煽っている感じもします。

全ての情報を鵜呑みにしてしまうのは危険です。

しかし、ある程度の危機意識は持っておいた方が良いかもしれません。

突然会社をクビになることも!?

仕事には、クリエイティブさが必要だとはよく言われます。

そうは言うものの、新人のうちは別に自分じゃなくてもいいような仕事を与えられることが多いです。

もしかしたら、役職や年齢が上がっていってもそういった仕事をやらなければいけないかもしれません。

しかし、他にも代わりがいるような仕事を敢えてあなたがやる必要はあるのでしょうか。

技術が向上し、AIが全く同じ仕事をこなせるようになってしまえば、会社からクビを言い渡される。

ということもあるかもしれません。

企業側からすると、人件費を削れるのはとてもありがたいことです。

AIだったら休ませてくれなんて言いません。

24時間働き続けてくれるでしょう。

誰でもできる、代わりがいる仕事ならば、AIに取って代わられる可能性は高いです。

公務員だって危ない!?

今、すごく人気がある公務員だって危ういかもしれません。

公務員は、公的な立場で仕事をしていかなければなりません。

そのため、ミスは許されないというイメージがあります。

であればいっそ、AIに任せた方が手堅く仕事をしてくれそうですよね。

「安定している」という理由で公務員は、非常に人気です。

万が一でも、法律が変わる可能性もあるハズです。

公務員でなくなり、明日から市場の荒波にさらされなければならない。

となった時に、何も闘う武器を持っていないというのは非常に危険です。

自力で稼ぐ能力を身に付ける

これからの時代は、会社の中で与えられた業務をこなすだけ、という働き方では生き残っていけないと思います。

自分自身の力でも、稼げるような能力を身につけていくべきなのではないでしょうか。

ネット上では、

「誰でも簡単に月数百万稼げるようになります!」

などと謳った、サイトもあります。

しかしながら、自力で稼ぐというのはやはり簡単ではないのです。

いきなり、インターネットを使った副業を始めたとしても、最初の内は全然収益が出ないし、一人黙々と作業をする日々が続きます。

よほど運がよくない限りは、いきなり大金を稼ぐなんて無理です。

それでも、全然収益が発生しなくても、なにクソとがむしゃらに足掻いていく時間は決して無駄にはならないと思います。

自分なりの試行錯誤を重ねていく過程で、収益を生み出すセンスも身についていくのです。

まとめ

もはや、企業に入ることさえできれば、ずっと安泰という時代は終わりました。

「今は、音楽を自分で作って、自分で売っていく時代だ」

とよく言われます。

しかし、何も作曲家に限った話ではなく、誰であっても自力で稼ぎ出す力が必須となる時代に突入したのではないでしょうか。

僕も、これからも必死に足掻いていきます。一緒に頑張りましょう!