ギタリストこそキーボートを弾いてほしい3つの理由

 

どうも、しんさんわーくすです。

ギタリストのみなさん、今日もギターをかき鳴らしていますか。ギターって良いですよね。

それでは、今日のブログを書いていきましょう。

 

音楽をやっている人の中でも、ギター弾きは結構多いと思います。

ギターは弾けるけど、鍵盤は全然無理。

キーボートとか、昔ピアノやっていた人がやるものでしょ。

みたいな印象を持っている方は、たくさんいるのではないのでしょうか。

 

そんで、キーボートは難しそうなイメージがあるから、ドラムだけ何とか打ち込んで、ベースとギターは自分で弾くというパターンの人は、多いと思います。

 

そんな、ギタリストDTMerに言いたいのが、キーボートの練習もしよう。ということです。

僕自身、音楽をギターから始めて、20歳を過ぎてから鍵盤を弾き始めました。

自分では、鍵盤弾きだと思っていますが、ぶっちゃけギターの方がスキルは上です。自分で言うのも変ですけど…

 

今回は、ギターいちずな、生粋のギタリストたちに、キーボートを練習するとこんなにもメリットがある

ということを知ってもらいたいと思います。

 

コードに慣れているから、とっつきやすい

 

キーボートを練習する際、まず何から始めていいのかわからない。そんな時は、コード練習から始めましょう。

ギター弾きならコードは、おなじみですよね。ギターでコードに慣れているため、鍵盤のコード練習もすんなり入ってくると思います。

 

「でも、コードの構成音を覚えなきゃダメなんでしょう?」

「楽譜を読むのは、難しそう…」

「理論はちょっと…」

といった、イメージを持つ方もいるかもしれません。

 

ギターは、ある程度コードのパターンが決まっていて、フレットをずらすだけで色々なコードが弾けちゃいますよね。

でも、キーボートの場合もある程度押さえる形が決まっているのです。

つまり、キーボートのコード練習もギターと同じ要領で乗り切れてしまうのですね。

 

ポピュラー音楽だと、鍵盤でもコードを中心に考えていきます。クラシックピアノのように、細かい指の動きができなくても良いのです。

 

曲がオシャレになる

 

ギターと言えば、荒々しい歪みのサウンドが特徴的です。

しかし、音色を歪ませていくと、テンションなど複雑なコードを弾いたときに濁って聞こえてしまうのですね。

 

ギターでも△7(メジャーセブンス)は良く弾くと思います。このコードを鍵盤で弾いてみるだけでも、曲がオシャレになったように感じます。

ギターで△7を弾いたときとは、また違った印象を受けるのではないでしょうか。僕は、初めて鍵盤でC△7を弾いたときとても感動しました。

 

また、鍵盤だとテンションコードを簡単に押さえることができます。ギターだと構造上無理なんじゃないか

ってコードも容易に押さえることができるのです。

キーボートを弾き始めると、7(#9 ♭13)とかむやみやたらと難しいコードを使いたくなるので、その点は注意が必要かもしれません。

あくまで、テンションは空気を読んで使うもの。しかし、キーボートを弾けるようになれば、作る音楽のサウンドが格段にレベルアップすることでしょう。

 

ギターにも、リターンがある

 

キーボートの練習をすることで、ギターに対する理解も深まります。よく、外国語を勉強したことによって、母国語のレベルも上がったなんて話を聞くと思います。それと同じようなことが楽器練習でも当てはまります。

 

ギタリストがベースも弾くというのは、よくあることですね。ギターとベースは弦楽器で、構造も似ています。

しかし、ギターと鍵盤は構造が異なる部分が多いです。

 

そのため、ギターでは簡単だったのに鍵盤で弾くとなると、とても難しいというフレーズがたくさん出てくるのです。

 

身近な例では、ペンタトニックスケールですね。ギターでは、Aマイナーペンタトニックスケールのポジションを覚えてしまえば、後はスライドさせるだけで全てのキーが弾けてしまいます。

しかし、鍵盤ではペンタトニックスケールの形がキー毎に違って来るので、全てのキーを覚えなければなりません。

といっても、4番目と7番目の音を抜くという仕組みさえ分かっていれば、そんな難しいことでもないのですね。

 

何が言いたいのかと言いますと、鍵盤とギターを比較することでスケールやコードなど理論の理解も深まります。

ペンタトニックスケールは、アドリブを弾き始めた初心者ギタリストがまず練習するスケールだと思いますが、実は、結構スゴイことをやっていた。ギターって楽器は、やっぱり面白いな。

というような気付きも得られるのではないでしょうか。

 

ということで、ギター弾きこそキーボート練習をした方が、いいよって話を書いてきました。ギターに加えて、鍵盤も弾けるようになることで、音楽の幅がさらに広がるのでは、ないでしょうか。

是非、鍵盤練習をしてみてください。