サザエさん症候群って知ってる?この先ずっと憂鬱なまま働くの?

どうも、しんさんわーくすです。

みなさんは、サザエさん症候群という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

サザエさんといえば、日曜日の夜に放送される日本の国民的アニメですよね。

サザエさん症候群と言うのは、そのサザエさんを視聴して、

「また明日、会社(学校)に行かなきゃいけないのか…」

と憂鬱な気分になる病気を指すようです。

サザエさん症候群でなくても、日曜日にまた明日仕事に行かなきゃいけないと思い出して、泣き出したくなる人も多いと思います。

月曜日の自殺率が高い

「また、明日から仕事か…」

「ずっと休日だったらいいのに…」

と日曜日の夜に思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

サザエさん症候群の話と関連して聞いたことがあるのですが、月曜日に自殺してしまう人というのは多いようです。

こんな記事を見つけました。

これによると、鉄道での自殺の曜日別発生件数は月曜日が1番多いといいます。

やはり、月曜日から始まる仕事が嫌で嫌で仕方がなくなり、ついホームから飛び降りてしまうのでしょうか。

中には仕事が好きでたまらない人もいる?

信じがたいことに、世の中には仕事が大好きで、月曜日に会社に行くのが楽しみで仕方ないという人もいるようです。

でも確かに、自分が好きでしょうがないことを仕事にできたなら、仕事をするのも楽しみになるのでしょう。

しかし、多くの会社員は生きていくため仕方なく、その職業を選んだのではないでしょうか。

誰もがプロ野球選手になれるわけではないですからね。

月曜日の憂鬱をなくすには?

月曜日に仕事に行くのが、嫌で嫌でたまらない人はどうすればいいのでしょうか。

1番良い解決方法は今の仕事を好きになることです。

一度は、働くと決めた会社ですから、好きになる努力はしてみてもいいのではないでしょうか。

それですんなり、好きになれたならそれに越したことはありません。

問題は、どうやっても好きになれない時です。

そうなった場合、転職して今の会社を辞めるしかないでしょう。

会社を辞めるというのは、とても勇気がいることですし、安易に勧めることもできません。

ただ、今の会社が心底嫌いというのであれば、環境を変える努力をしても良いのではないでしょうか。

まとめ

そもそも、サザエさん症候群になれるだけ、まだマシなのかもしれません。

ブラック企業で働いていれば、日曜日に休めないということが当たり前にあります。

日曜日に憂鬱な気分になる人がたくさんいたり、そんな人たちがまだマシな方だったりという状況が当然の日本はちょっとヤバいと思います。

嫌なものは嫌で仕方がないのです。

それなのに、我慢して会社で働き続け、心を壊し、最悪命を投げ出してしまっては元も子もありません。

世の中には、あなたに合った働き方がたくさんあります。

それを探して仕事にできるよう、必死で頑張ってみても良いのではないでしょうか。

僕も、自由を得るために必死で頑張っていきますよ!