ブログの勉強方法 短時間で書く

どうも、しんさんわーくすです。

ブログのPVを伸ばす方法を勉強したい。自分のサイトに集客したい。と思っている人は多いと思います。

ブログを勉強する方法はいくつもありますが、その中の一つに短時間でブログを書くという方法があります。

どうして、短時間でブログを書くことが勉強になるのか。具体的にどういったことに気をつければいいのか。まとめていきたいと思います。

ちなみに、ブログマーケッターJUNICHIさんのこの記事をみて、僕も短時間でブログを書いてみようと思いました。

時間がない!って言わせないぜ!20分という短時間でブログを書く方法。実際に書いた記事がこの記事自体。

なぜ、短時間でブログを書くことが勉強になるのか

短時間で書く力がつくと記事がたくさん書けるようになる

当然ですが、短時間でブログを書けるようになれば、記事も量産できるようになります。

もちろん、ただ早くたくさん記事が書ければいいという単純な問題ばかりではありません。検索で上位に来るようなブログを書くためには、読み手を意識した質の良い記事を書くことが必要不可欠です。

しかし、凡人であり、なおかつブログを書き始めたばかりという人には、やはりある程度量をこなしていく必要があります。

なので、短時間でたくさん書ける訓練をしておくことは、無駄ではないでしょう。

アウトプットの効率が上がる

先ほどのブログの生産効率が上がるという話にも関係してきますが、短時間でたくさんブログを書けるようになることで、アウトプットも大量にできるようになります。

ブログというものは、自分の考えや意見をアウトプットするメディアです。アウトプットという行為は、一番自分の勉強になることなのですね。

そのため、短時間でたくさんアウトプットすることで、勉強の効率もアップさせることができます。

短時間でブログを書く時に気をつけたいポイント

制限時間を設ける

短時間でブログを書きあげると自分の中で意識する。それだけでも、ある程度効果的だとは思います。しかし、それだけだともったいないです。

短時間でブログを書く際は、初めからどのくらいの時間でブログを仕上げるのか、自分の中で約束しましょう。

15分でも、20分でも自分の中で時間を最初に決めてしまいます。

そしたら、タイマーをセットして、一気にブログを書き始めます。制限時間を設けることによって、良い緊張感がうまれ、脳のパフォーマンスも上がると思います。

 

僕は、ここまでブログを書くのに15分かかりました。まだまだブログ執筆の速度は上げられますね。

 

タイムアタックみたいな感じで、ブログを書いていくことでゲームをやっているような感覚になり、自然と筆ものってくることでしょう。

とにかく、余計なことを考えない

例えば、ブログを書いている際に誰かからLINEが届いたとしても、無視しましょう。

どの部分を太字にしようか。考えたくなる気持ちもわかりますが、ここはグッと我慢しましょう。

まずは、ブログを書くことだけに集中する。これが、短時間でブログを書く際にポイントとなる部分ではないでしょうか。

まとめ

ゆっくりと丁寧に良質な記事を書こうとすることは、とても大事なことだと思います。

しかしながら、ブログはある程度の量をこなしていかなければならないのもまた事実。であれば、短時間でブログをたくさん書く方法を勉強しておくのも大切なことなのではないでしょうか。

なんだかんだで、僕もここまで20分以内でブログを書くことができました。