新社員は朝早く出社する義務があるという風潮、おかしいですよね?

 

どうも、しんさんわーくすです。

新社員のみなさん、会社に慣れましたか?朝早く出社していますか?

会社に入ると、大体新社員研修なんかで、

「新人なんだから、朝一番に会社に来ましょう!」

という感じのお話をされると思います。

朝早く出勤してコピー用紙を補充したり、先輩の机を拭いたり、コーヒーを準備したりする。

いわゆる雑用を朝早く出社してするわけです。

これが、日本における新社員のあるべき姿…

…いやいや、おかしいでしょ。

なんで、新人だからといって誰よりも早く朝出社して、雑用をしなくてはならないのか。

イマイチピンと来ないんですよねぇ。

よくある理由1:新社員はまだまだ仕事を覚えていない未熟者だから

よくある理由として、新社員は仕事を覚えていない。仕事は半人前なんだから、せめて朝くらい早く来て雑務をこなそうよ。というものです。

日本だと、新人は最初の数年雑用をさせられます。その数年間で、新社員は少しずつ仕事を覚えていくことになります。

日本では。

くどいようですが、日本ではそういう仕組みになっているのですよ。一緒に大学で勉強していた留学生が驚いていましたよ。ええ…

だいたい、朝早く出社して雑務をこなしているわけですよね。つまり、朝早く来て働いている。

つまり、その分の給料は出ているのですか?

「いやいや、それぐらいサービスでしょう。」

いやいやいや、サービスはおかしいでしょうよ!

そんなことを言っているから、サービス残業がなくならないのです。

そもそも、新人に早く仕事を覚えさせたいのなら、雑用なんかやらせちゃダメでしょ。雑用やらせている時間で仕事を教えてあげてくださいよ。

よくある理由2:朝早く出社してやる気をアピールする

朝早く出社することで、上司にやる気をアピールできる。なので、新人のみなさんは誰よりも早く会社に来ましょう!

確かに、朝の時間を有効に使えている人はポイントが高いと思います。

そう、有効に使えているのなら…

朝早く出社して、やっていることが机拭きやコピー用紙の補充。それって有効に使えています?

それだったら、朝読書をするなり、ブログを更新するなりしてギリギリに出社する人の方が、まだポイント高いように思えるのですが…

というか、もはや会社に行かなきゃ行けないこと自体がナンセンスな気がしてきました。

早く、在宅勤務を一般化させた方がいいですよ。

まとめ

全体的に愚痴っぽくなってしまいましたが、新人だからといって朝早く出社するのが義務付けられているのはおかしいです。

朝早く起きて活動するのは、とても良いことでしょう。

でも、それでやることがただの雑務って…

それよりだったら、自分のビジネスを育てることに注力しましょう。

そっちの方が、よほど将来のためになります。

今の時代、会社にすがるだけの生き方をしていては生き残れませんよ。