カッコいいことが書けなくてもいい。続けることが大事なんだ。

 

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。
しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

『ブログが続かなかった私が10年間ブログを書き続けてみてわかったこと』

という本を読みました。

本を読み終えてみての感想などを書いていきたいと思います。

 

ブログは気張って書く必要はない

 

本の中で印象的だったのは、

ブログはあくまで日記みたいなものである。

「月に◯万円稼ぐサラリーマンのブログ」

みたいな大それたブログを書く必要はない。

それよりも、もっとありふれた自分の身の周りのことを書いた方が良い。

ということでした。

 

ブログを書くとなるとなにか特別なカッコいいことを書かないといけないような気持ちになりますが、

そうではなく、もっと個人的な何でもないようなことを書いてもいいんだな。

肩肘張らなくてもいいんだな。

ということを思わせてくれました。

 

ブログを書き続けることが大事

 

一般的にPVを伸ばしたいなら、最初の1年間は毎日バンバンブログを更新するべきだ!

と言われています。

しかし、筆者は別にブログを毎日書き続ける必要なんてないんじゃないか。

と指摘します。

毎日書かなければいけない。

という強迫観念に囚われているから、
ブログを書くことがプレッシャーになってしまうし、

1度サボってしまったら、

「もうどうでもいいやー」

って気持ちになってしまう。

 

あくまで、ブログは自分の身の周りのことや考えなどを綴る日記的なものであると考える。

嫌々書くのではなく、自然とブログを書いてしまうという状態に持っていけたならこっちのものです。

PVを伸ばしたり、マネタイズの工夫をしてみたりはその後の話です。

嫌々書いていても、苦しいだけですからね〜。

 

まとめ

 

今回は、

『ブログが続かなかった私が10年間ブログを書き続けてみてわかったこと』

という本の感想を書いてみました。

ぼくも、

「ブログ書かなきゃな〜」

みたいなことをよく思うのですが、
本来ならブログは自由意志で書くもの。

誰かから強制されてやるものではありません。

もっとブログに気軽に取り組んでみてもいいのだな。

そう思わせてくれる本でした。