残業時間が長い人注意!!本気で転職を考えたほうがいいかも

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。

アフターファイブ作曲家のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

みなさん、残業をしていますかー?

日本は、残業時間が長いわ、
サービス残業を平気でしてしまうわ

で有名ですね。

ぼくは、残業はしたくないですし、
どうにかして消滅してくれないかなぁ
と常々思っています。

でも、ぼくの周りを見てみると、
残業をしたがる人ってやっぱいるんですよね。

そんな人たちは、
長々と残ってバリバリ仕事しているかというと
そうではないんですよね。

たいがい、ダラダラと仕事をしているわけです。

残業をすることによって、「それなりに」
残業代は出るかもしれません。

でも、貴重な時間を浪費してまで
残業をするべきなのでしょうか。

長時間労働は生産性が低い

日本には、まだまだ長く働けば、長く働くほど良い。
という風潮が残っています。

何がいいんでしょうね?

残業時間が長いことで、

  • 仕事の効率は落ちる
  • ストレスはたまる
  • 貴重な時間を浪費する
  • 家庭環境が悪くなる

などなど。

良いことなんてこれっぽっちもありませんよね。

長く働くことで、生産性が落ちていることに
いい加減気づくべきです。

いや、気づいてはいるのかもしれませんね。
ただ、気づいていても習慣を変えることができない。

長時間の残業は本当に自分のためになるのか?

残業時間が長くて苦しんでいる人は、
自分に問いかけてみてください。

本当に、残業なんかしていていいのか。

今の仕事をずっと続けていけるのかと。

今日のダラダラ会社に残っていた時間を
勉強なり、ブログ執筆なりにあてていれば、

自分の成長に繋がるわけです。

以前、

「仕事にどっぷり浸かっている時期がないと
仕事で成長できない。

残業しない人は、かわいそうだと思う。」

といった主張を何かの記事で見かけました。

成長ってそんな狭い範囲での成長でいいのですか?

確かに、ダラダラ残業していても、
ある程度仕事は覚えると思います。

でも、それで身につくのって
今の仕事でのスキルですよね。

明日からリストラされたら、
そのスキルは使えなくなるかもしれません。

専門的なスキルになっていくほど、
汎用性がなくなります

それだったら、自分で副業をして
マーケティングや経営のスキルを学んでいった方が
良くないですか。

むしろ、そちらの方が今の仕事にも
リターンは大きいと思います。

まとめ

とにもかくにも、日本人は残業しすぎです。
長時間働きすぎです。

そのくせ、
というか、だからこそ生産性が低いのですね。

残業時間が長いことに苦しんでいる人は、
もう一度自分の働きかた、生き方を考えて直してみてください。

すぐさま、転職しろ!
とは言いませんし、言えません。

転職するというのは、言うほど簡単ではないですからね。

ですが、生きていくために働いているのに、
それで心を壊していては元も子もありません。

本当に、自分は今の仕事のままでいいのか?
と問いかけてみてください。

今の仕事を続けるか。
違う仕事に転職するか。

結局最後は、自分で選択しなくてはいけません。

数年後に、

「あの時ああしていれば…」

後悔しないよう、
常に自分に問いかけるということは
忘れないようにしましょう。