しんさんわーくすの最近の活動報告

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

唐突ではありますが、ぼくの最近の活動を手短に

まとめてみたいと思います。

 

他の音楽家兼ブロガーさんのブログを見ていると、

月初に1ヶ月の活動報告をしています。

 

が、ぼくは毎回忘れてしまうので、

思い立った時にやってしまいますw

 

オーディオストックで販売開始した音源

今年に入ってからは、ずっとオーディオストックに

登録する音源を作っていました。

毎日少しずつ制作に時間を割いた甲斐もあって、

オーディオストックの登録音源が73件になりました

(2018年4月24日現在)

 

最近登録した音源を少し紹介しますと、

 

 

 

 

あとは、ちょうど今朝売れた音源を

バトルもののアニメで、CMの転換の際に流れていそうな

ジングルです。

視聴回数が25回(2018年4月24日)と少ないながらも、

購入されたのは、使われるシーンをハッキリさせて作った

からなのかなぁ〜

とボンヤリ考えています。

 

無料音源素材も配布しています

最近、オーディオストックの有料音源ばかり

作っていたので、フリーの音源をあまり公開できて

いませんでした。

 

ということで、

これまたちょうど今朝、無料BGMも公開しました。

動画のオープニングで使われることを想定した、

エレクトロハウスです。

 

Logic Pro Xというぼくが使っているDAW(曲を作るためのソフト)に

収録されているループ素材を中心に制作しました。

 

今後は、フリーBGM素材の方も公開頻度を増やせたらなぁ

と思います。

 

耳コピにもハマっています

空いた時間を利用してせっせと耳コピをしています。

主に、ゲームのBGMをコピーすることが多いですが、

今は歌モノを耳コピしています。

 

曲は、Ducaさんの『笑顔のレシピ』です。

「乙女が彩る恋のエッセンス」というゲームのOP曲です。

 

なぜ、耳コピをしているのかというと、

作曲の上達のためです。

 

自分の好きな楽曲って最高の教科書なんですよね。

好きだから耳コピしていて楽しいし、

どんな風に楽曲が成り立っているのか知ることもできる。

 

音楽のスキルを磨く上で、耳コピは王道な方法だと思っています。

 

実際に耳コピをしていると、原曲と似ていなくて悔しくなることが多いです。

でも、それが当たり前。それでいいんだ。

って最近は思うようになりました。

 

できないから、わからないからこそ、耳コピをする。

容易に原曲を再現できるのなら、

別に耳コピをしなくてもいいわけですからね。

 

まとめ

ということで、最近のぼくの活動のまとめでした。

簡単にまとめてしまえば、

曲作りと耳コピをやっています。

ということを長々と書いてしまいましたw

 

みなさんに使ってもらえるような曲をこれから

ドンドン作っていきたいと思います。

できた楽曲はその都度、ツイッターやブログで告知して

いきますので、フォローの方もよろしくお願いします。

 

 

石の上にも三年?下積み時代は本当に必要なのか?

ブログを読みに来てくださり、ありがとうこざいます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

「石の上にも三年」という言葉がありますね。

石の上にも三年とは、つらくても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるということ。

故事ことわざ辞典

日本においては、例え辛くても辛抱し続けるとこで、いずれは成功に結びつく。

苦しいことを我慢することこそが美徳。

と言った考えが、根付いていますね。その延長で下積み時代、修行時代を経ることで、やっと1人前になれるという考え方がどの職業にもあると思います。

下積み時代は本当に必要なのか?

ですが、インターネットの普及により、ブロガーやユーチューバーなど自分の好きなことを仕事にする人も出てきました。

それに触発されて、自分も好きなことで稼ごう、会社員を辞めて起業しようという人も多く見られるようになってきました。

あとは企業に就職せずに、大学や高校を卒業してすぐネットで稼ぐという選択肢を取る人もいます。

 

そういった人たちに対して、「石の上にも三年!まずは会社員として働いて、社会人として落ち着いてから考えればいい!!」と説教をしたがる人も多いですよね。

今の時代、下積みは本当に必要なのでしょうか?

下積みは実力を磨く期間として必要

ブログを例にとって考えてみましょう。

ブログで生計を立てようと思ったとしても、すぐにはできませんよね。

当然です。一般人がブログの記事を1つ、2つ書いたくらいじゃ、誰にも見向きもされません。

知名度も低いし、ブログを書いて食べていけるだけの実力もない人がほとんどです。

ブログで生計を立てられるようになるには、誰にも記事を読まれない期間は必要です。

スキルを身につけるための期間、という意味では下積みは必要と言えるでしょう。

今すぐ独立するくらい稼げている場合は?

では、すでに今すぐ独立できるだけのお金を自力で稼げている場合はどうでしょう。

3年石の上に座っていなければいけないという言葉を真面目に守って、会社員生活を続けていかなくてはいけないのでしょうか。

ぼくは、そんなことはないと思います。

自分でチャレンジできると思ったならば、思い切ってチャレンジしてみるべきなのです。

会社を辞めてみて、独立してみて初めて分かることもあると思います。

でもそれはその都度学んでいけばいいわけです。

実際にフリーランスになってみて見えてくることは、たくさんあります。

でもそれは独立したからこそ分かることであって、会社員という状態だったら分からなかったことなのです。

準備は不要。というより、分からないのだから準備なんてできないんです。

まとめ

・チャレンジできるなら、すぐにでもやるべき。

 

・準備が完璧にできてからチャレンジしようと思っていたら、一生チャレンジできない。

その曲は誰に向けて作っているの?良質なペルソナを作ろう

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

みなさんはペルソナという言葉を聞いたことが

あるでしょうか?

 

アニメの方じゃないですよw

今回扱う「ペルソナ」は、マーケティング用語のペルソナです。

 

作曲をしているんだけど、いまいち再生数が伸びないな。

販売数が伸びないなぁ。

と感じている人は、今回の内容が役に立つかもしれません。

 

早速、内容をみていきましょう!

 

ペルソナとは

 

まず、そもそもペルソナとはどのようなことをさすのでしょう。

 

ペルソナは、あなたの音楽を聞いてくれるであろう、

購入してくれるであろう、

理想のお客さん像です。

 

「像」ということは、自分で理想の姿を考えます。

 

こんな人に向けて音楽を作ったら、反応してもらえるのでは

ないかなぁ。

というのを想像していくのですね。

 

ペルソナにはどんな情報を含めるのか?

 

ペルソナは、架空の人物を想像するわけですが、

より具体的な姿を思い浮かべることが大切です。

 

  • その人の名前は?
  • 年齢は?
  • 仕事は何をしているか?
  • 性別は?
  • どんな1日を過ごすのか?
  • 好きなもの・趣味は?
  • 嫌いなものは?
  • どんな雑誌・本を読むのか?
  • 自分の音楽のどういった部分を気にいるのか?
  • などなど…

具体的な情報を与えてやります。

 

なぜ、ペルソナが必要なのか

 

では、そもそもペルソナを考える必要があるのでしょうか。

それは、誰に向けて音楽を作るのか、具体的にイメージできていた方が

結果として”刺さる”曲が生まれやすいからです。

 

これが、なんとなくのイメージしか持っていないと、

誰にも刺さらない中途半端なものになってしまう

ことが多いのです。

 

こう書くと、音楽は芸術作品なので、自分の感性の赴くままに作りたい。

という反論も聞こえて来そうです。

 

確かにその通りです。

しかし、誰かに曲を購入してもらう、

というマーケティング的な視点で考えた場合は、

自分の都合だけで曲を作っていては、見向きもされません。

 

自分のやりたいこと、好きな要素ばかりを詰め込んで、

「売れる曲」ができればベストなのですが、

なかなかそう上手くはいかないものです(^_^;)

 

なのでもし、自分の音楽を売って生計を立てていきたいと

考えているのならば、音楽を売る技術、

マーケティングも学んでいくべきです。

 

ペルソナを作ってみよう!

 

さて、話を元に戻しましょう。

ここからは、実際にペルソナを作っていきます。

 

ペルソナ作りの大まかな流れとしては、

次のようになります。

 

  1. ペルソナに関する情報の収集
  2. 集めた情報を整理する
  3. ペルソナのプロフィールを作ってみる

 

このような流れになります。

実際にペルソナを作りながら、

それぞれを詳しくみていきましょう。

 

ペルソナに関する情報を集める

 

まずは、ペルソナに関する情報を集めます。

今いるお客さんに関する情報やアンケートを実施する

などして情報を拾って来ます。

自分のみじかにいる人が、ペルソナになりそうだったら

その人を想像してみるのもいいかもしれませんね。

この段階では、断片的な情報をたくさん集めます。

 

集めた情報を整理する

 

ある程度情報が出揃ったら、整理していきます。

 

  • 年齢や家族構成、年収など
  • 性別
  • 仕事がある日の過ごし方
  • 休みの日の過ごし方
  • どんな悩みを抱えているのか
  • 自分の楽曲購入にいたる動機

など、集めた情報の中で共通する部分を見つけ、

まとめていきます。

ペルソナのプロフィールを作る

情報の整理が終わったら、

ペルソナのストーリー、プロフィールを作っていきます。

 

実際にペルソナを作ってみました

ここでは、例として「佐藤 光一」という

40代後半の男性を想定して考えていきたいと思います。

東京にある映像系の専門学校を卒業後、大手の映像制作会社に入社。

5年ほどで、退社しフリーランスに転身。

日本国外を転々とする生活を続けたのち、

北海道での暮らしが気に入り定住することとなる。

結婚し、子供が生まれたのを機に、

再びフリーランスから会社員生活へと戻る。

現在は、地方のテレビ番組制作会社のディレクター。

スタッフが少数の会社であるため、

番組企画や取材、動画の編集、BGMの選曲などといった業務を

受け持つ。

今年の4月から始まる地元のイベントをPRする番組作りで

悩んでいる。

地元愛を連想させ、誰でも親しみがもてるような

オリジナルのオープニングテーマ曲を使いたいが、

音楽制作会社に依頼をするとなると予算が足りない。

 

より具体的にイメージできるとよい

例として、ぼくが考えたペルソナを紹介しました。

上であげた例よりも、もっと多くの情報を付け加えても

いいと思います。

ペルソナはより具体的に、その人の顔がイメージできる

くらいまでに詰めていくと効果的です。

 

まとめ

 

ペルソナに関する情報は、実際のお客さんのデータを

もとに集めるとよいと言われています。

 

やはり自分の想像だけだと、ターゲットとは全く違う

人物像になってしまうことが多いからでしょう。

 

なるべく実際のデータを元にペルソナを考えていく

ということが大切なのですね。

 

実際に自分が、誰に向けて曲を作るのかハッキリしてくると

楽曲制作の意識も変わってくると思います。

ぜひあなたも、ペルソナを作ってみてください。

 

成功したいクリエイターこそ朝型にシフトして行くべき

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

ビジネス書なんかによく書かれているのが、

できるビジネスパーソンは朝型であるということ。

 

でも、これってビジネスパーソンに限らず、創作を行うクリエイターにも

同じことが言えるよなぁと思ったので、

その理由についてちょっと書いてみたいと思います。

 

なぜクリエイターは朝型になるべきなのか

 

みなさん、クリエイターと聞くと夜型の人が多い

イメージがあるのではないでしょうか。

 

例えば、漫画家。

漫画家のイメージと言えば、常に締め切りに追われていて、

夜を徹して原稿を完成させるといった感じだと思います。

 

クリエイターならば、徹夜して当然というような考え方も

あるのかもしれません。

 

徹夜は自己満足

 

ハッキリ言って、徹夜は自己満足でしかありません。

睡眠を取らないと、脳が十分に働かなくなるからですね。

 

おそらく、そんなことは誰であっても知っていることでしょう。

でも、知っている人は多くでも、重要な事実として受け入れている人は

少ないのではないでしょうか。

 

でなければ、寝てない自慢をする人が

こんなにも多く出てくるはずがありません。

 

全力を尽くして戦い抜かねばならない仕事を前にして、

寝不足というのではプロ失格ですよね。

 

そりゃ、1年のうち数回は寝不足にならざるを得ない

出来事もあるかもしれません。

 

でも日常的に睡眠不足だという人は注意が必要です。

仕事のパフォーマンスを落としていることに、

寝不足の頭で気づけますか?

 

不規則な生活は健康にも悪い

 

クリエイターには夜型が多いというのは、先ほども書いたとおりです。

昼夜逆転の生活が続いていて、太陽が沈んだ頃に目を覚ます

という方も多いのではないでしょうか。

 

恥ずかしながらぼくも、大学生の頃にはそんな生活を送っていました。

でもやっぱり、不規則な生活は心身ともによろしくないんですね。

 

なぜなら人は、朝陽が登るとともに活動を開始し、

沈むとともに休息に入るという生活をずっとしてきているからです。

 

ライトが発明されて夜でも活動できるようになったのなんて、

歴史的に見れば、つい最近のことなのですね。

 

太陽を浴びない生活が続くとセロトニンが不足するようになります。

 

セロトニンとは

セロトニンは、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質です。セロトニンが不足すると、ネガティブな思考になったり、内臓の働きや代謝が下がったりする

 

セロトニンはストレスにも関係するホルモンなんですね。

セロトニンの分泌に置いて大切なのは、

リズム運動と太陽を浴びることと言われています。

 

精神的に不健康だと、それはやがて身体の方にも悪影響を

及ぼします。

規則正しい生活は、健康維持のためにも必須なのですね。

 

で、ここからが大切なことです。

クリエイターこそ健康である必要があります。

 

なぜなら多くのクリエイターは、

会社員として創作活動をしているわけではありません。

基本的にクリエイターは自営業です。

 

もし身体を壊して働けなくなった場合、

守ってくれる存在はいません。

 

そうなった場合の対策を自分で考えなくてはいけません。

自分の健康に投資することが、クリエイターにとっての保険と

なるのです。

 

その一番簡単で安価な投資こそが睡眠なのです。

 

会社から帰った後の創作活動は無理

 

これは、会社員として勤めながらも、空いた時間を利用して

創作活動を行っているクリエイター向けです。

早く独立できるように日々頑張っている方も

多いのではないでしょうか。

 

そんな方こそ、朝型に切り替えていくべきです。

なぜなら、日中の仕事が終わってから創作活動をしようとしても、

疲れてしまって全然気が乗らないということが多いからです。

 

自分にとって大切なことは何か。

優先順位をつけて行っていくことが、成功の近道です。

 

自分の創作活動が大切ならば朝、先にやってしまいましょう。

極端な話、

朝の創作活動を頑張って、後の昼の仕事は流してしまえばいいのです。

 

本気でクリエイターとして食っていきたいというのであれば、

朝、確実に作品を作る時間を確保するべきなのですね。

 

まとめ

 

ビジネスパーソンもクリエイターも

その仕事でお金をもらい、ご飯を食べているプロです。

 

最高のパフォーマンスで仕事に臨むためには、

十分な睡眠が必要不可欠です。

 

クリエイターのみなさん、

明日から、朝活動してみてはいかがですか?

情報収集を圧倒的に速くするために心がけたいこと

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

ぼくは最近、ニュースアプリや書評ブログを意識して

たくさん見るようにしています。

 

Twitterでもいいなと思った記事は、

シェアするようにしているので

なんか最近ツイートの数が増えたんじゃないって

思ってくださった方ももしかしたらいるかもしれません。

 

なぜ、情報のインプットを増やしているのか

 

なぜぼくがインプットの量を増やしているのかというと、

ブログやTwitterのネタを探すためです。

 

インプットが少ないと書けることも減って行きます。

そうしたら、必然的に露出の回数も減ってきます。

 

今の時代、影響力がないよりだったら、ある方が圧倒的に有利です。

自分の商品やビジネスを宣伝する際にだって、

影響力があれば多くの人に知ってもらえます。

 

いい商品を作ることはもちろん大事ですが、

それだけでは売り上げには繋がりません。

 

多くの人に知ってもらうということが必要なのですね。

 

ちょっと話がそれてしまいました。

 

Twitterのフォロワーやブログの読者を増やすためには、

有益な情報を多く発信して行くというのが王道のようです。

 

でも、有益な情報を最初から自分で生み出すのは大変です。

ならば、もうすでにあるニュースや有益な情報などを

みんなに教えることから始めた方が簡単だし、手っ取り早いのではないか。

 

そう思い、ここ最近はニュースやブログ記事のシェアに力を入れています。

 

情報を速くたくさんインプットする方法

 

ここまできて、やっと今回の本題です。

どうすれば、情報を素早くたくさんインプットできるのか。

 

ぼくが思うのは、真面目に最初から最後まで目を通さない

いけないという思いこみを捨てる

ということです。

 

ぼくは読書術の本が好きで、これまでも結構読んできたのですが、

本を全部読む必要はない

と書かれている本が意外と多いのです。

 

本やネットの記事には、たくさんの文章が書かれていますが、

その中で自分にとって役立つ情報は、2割程度でしょう。

 

なので、

「なんだかよくわからない」

「読んでいて面白くない」

といった部分はどんどん読み飛ばしていってもいいのです。

 

こう書くと、精読も大事だという声も聞こえてきそうです。

実は、ぼくも速読だと浅い理解になってしまうと思っています。

 

なので、精読と多読をバランスよく取り入れていくことを

オススメします。

 

大量にインプットすることも、

じっくりと文章に向き合うこともどちらも必要。

どっちかが正しいということはないのです。

 

 

中古のMacBook Airを購入しました!

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

タイトルの通りなんですけど、MacBook Airを中古で購入しました。

こちらです。

所々に細かいキズ、汚れがあります。

 

ぼくは元々iMacを持っていて、

音楽制作もLogic Pro Xで行っていました。

 

なんですけど、出先でもLogicの操作がしたかったのと

スタジオに入ってレコーディングもしたい

ということで、ノート型のMacが欲しいと以前から思っていました。

 

でもMac全般に言えることなんですけど、新品はやっぱ高いんですよね…笑

 

ぼくがMacBookでやることといったら、ブログの執筆と簡単なDAWの操作、

あとはネットサーフィンくらいです。

 

ならば別に新品の、それなりのスペックのパソコンじゃなくても、

やりたいことは十分にカバーできるのではないのか。

 

そんな思いから中古のMac購入に乗り出しました。

 

今回購入したMacBook Airの価格は大体7万円で、

2013年に発表されたモデルのようです。

 

最低限、本体と電源コードがあればいいということで、

バルク品を選びました。

 

プロセッサが1.3GHz Intel Core i5、メモリは4GBでした。

バルク品ではあるものの、しっかりと梱包されていたようだったので

ひとまずは大丈夫だろうと思います。

 

動作の方ですが、時々カクつくような感じはしますが、

そこまでストレスを感じるほどではないです。

 

Mac自体は、iMacを使ってきているので操作に慣れています。

ただトラックパッドの操作はやったことなかったので、

まだ若干慣れません。

 

でも、少し使ってみただけですが、大分便利なのがわかります。

慣れたらかなり快適に操作できそう。

 

ちなみにこのブログ記事もMacBook Airを使って書いています。

 

中古ということもあり、使って行くうちに色々不満も出てくると思います。

まあ、そこはしようがないと割り切ってはいるので、

これから、ガンガンMacBook Airを使い倒して行きます。

【終了しました】タダでオーディオストックの音源がもらえます!

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

現在、オーディオストックにてぼくの音源が無料ダウンロード

キャンペーン中となっています。

こちらの曲です!

通常価格2,160円の楽曲ですが、今ならなんと

無料でダウンロードすることができます。

無料、無料ですよ!奥さん!!

動画やゲームのBGMとしてご使用いただけます。

もちろん、商用利用も可能です。

3月から無料ダウンロードキャンペーンを実施しているのですが、

ものすごい勢いで試聴されていて自分でもビックリしています。

ぼくと同じで、みんな無料がお好きなのねw

おそらく、無料ダウンロードキャンペーンは

3月いっぱいで(おそらく今日いっぱい)終了すると思われるので、

まだ入手していないという方は、お早めにダウンロードしてください。

無料なので、手に入れておいて損はないと思いますよー

ちなみにぼくの曲以外も、無料キャンペーンをやっています。

是非是非、そちらも合わせてチェックしてみてください!

無料音源はこちらから~

音楽家必見!iPhoneユーザーなら絶対ダウンロードするべきアプリ

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

テクノロジーは日々進化していて、

ぼくたちの身の回りにも便利なアイテムがたくさんあります。

 

iPhoneやandroidなどのスマートフォンなんかも、便利アイテムの一つで

もはや手放せない存在になりつつありますね。

 

スマホのいいところは、膨大な数のアプリから必要なものを

ダウンロードすることで、自分のライフスタイルに合わせた

スマートフォンにカスタマイズできるところでしょう。

 

今回は、音楽家・ミュージシャンなら、是非ともダウンロードしておきたい、

アプリを紹介します。

 

ぼくがiPhoneユーザーということもあるので、

今回はiPhoneのアプリを取り上げます。

 

超強力なDAW、GarageBandは即DL

 

音楽制作をするならば、DAWはもはやマストアイテムです。

macやWindows用のDAWで音楽制作を行っている人は多いと思います。

 

どうしてもDAWというとパソコンにスポットがあてられがちですが、

実はスマホアプリでも強力なDAWはあるんですね。

 

中でもGarageBandはオススメのアプリです。

macを買うと標準で付いてくるGarageBandですが、

iPhone、iPad用のiOS版のアプリもあるのですね。

 

ぼくが初めてiOS版のGarageBandに触れたのは、

今から4年ほど前のことでしたが、

その頃とは比較にならないくらい便利な機能が増えました

 

Alchemyという強力なシンセや自動でフレーズを考えてくれるDrummer機能など

iPhoneのアプリでここまでできるの!?

と驚くようなアイテムがたくさん入っています。

 

実は、このAlchemyやDrummerなどは

有料のLogic Pro Xにも搭載されているのですね。

 

GarageBandは、Logicに搭載されている音源の機能が制限されているに

過ぎないため、音のクオリティ的には差はないのです。

 

そのため、iOS版のGarageBandでラフを作っておいて、

本格的なアレンジはmacのLogic Pro Xで行うといった方法をとることも

可能なのですね。

 

ぼく自身その方法で作った曲がいくつもあります。

これだけの高機能をそろえたGarageBand、

とりあえずダウンロードしておいて損はないのではないでしょうか。

 

耳コピの参考にChord Tracker

 

これは、YAMAHAがリリースしている曲のコード進行を解析してくれる

アプリです。

 

音楽制作のスキルを上達させるには、耳コピが必要不可欠です。

ですが、耳コピに対して苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

少しでも耳コピの効率を上げたいと思っているのなら、

便利なツールを使ってみましょう。

 

その一つがchord trackerです。

耳コピしたい楽曲のコード解析を行ってくれることはもちろん、

ボーカルを消したり、再生速度を遅くしたりといった機能も使用する

ことができます。

 

ただ、肝心の解析の制度ですが、個人的にはイマイチかなぁ

といったところです。

 

あくまでコード進行を探るうえでの参考程度に留めた方がよさそうです。

 

まあ、精度が高すぎると、今度は自分のスキルが上がっていかなくなるので、

このくらいが丁度いいのでしょう。

 

楽曲の共有やプロジェクトの保存はDropboxで

 

直接音楽制作とは関係ないのですが、ストレージアプリもご紹介しておきます。

今や様々なストレージサービスが用意されています。

 

その中でもDropboxはドメジャー、王道中の王道ですね。

 

いやね、なんだかんだ言っても便利なんですよ、Dropbox。

 

ぼくはクライアントに楽曲の納品をする時にも、

実際にDropboxを使ったことがあります。

バンドを組んでいる人がメンバー間でファイルを共有する際にも便利ですね。

 

あとは、DAWのプロジェクトファイルのバックアップをとるのにも

重宝しています。

 

過去に公開した楽曲でも、数年経ってから編集できないか

という依頼がくることがあります。

 

そういった時すぐに対応できるようにするためにも、

プロジェクトのバックアップはキチンととっておく習慣を身につけましょう。

 

実際にぼくも既存の楽曲の再編集の依頼を受けたことがあるのですが、

プロジェクトファイルが見つからなかったため、

自分の曲を耳コピして一から作り直すことをしました(´;ω;`)

 

バックアップは、複数のメディアに保存しておくことが基本とされています。

ぼくの場合は、外付けHDとDropboxの両方にバックアップを

とることにしています。

 

パソコンで作った曲をDropboxにアップロードしておいて、

ふと聴いてみたいなと思った時にiPhoneで再生する

ということもアプリ版のDropboxを使えば気軽に行うことが

できます。

 

まとめ

今回は、音楽家が是非ダウンロードしておきたいiPhoneのアプリについて

ご紹介しました。

 

どれも有名どころのアプリばかりですが、それゆえに使い勝手は抜群です。

まだ、DLしていないという方は、是非一度使ってみてください!

ブログをやる気がでない時はどうすればいい?まずは原因を知ろう!

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。

アフターファイブ作曲家のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

何をするにもやる気が出ない日ってあると思います。

 

継続して行っていること・ものなんかは、

やる気がある日とない日の波があります。

 

ブログなんかは、特にそうですね。

 

いくらでもブログ書けちゃう!って時もあれば、

 

何を書こうか悩んでいるうちに

どんどんやる気もなくなっていく時もあります。

 

別に、やる気が出ないならやらなきゃいいんですけどね。

誰かに強制されてやるようなことでもないし。

 

ただ、ブログのPV(ページビュー)を増やすには、

毎日記事を更新し続けることが大切だと言われています。

 

毎日ブログを更新するためにも、

やる気が出ない原因を知り、

何らかの対策を講じる必要があるのですね。

 

ではまずは、やる気がでない時の原因から

勉強していきましょう。

 

結果や成果が出ない

 

自分の思うような結果や成果が出ない。

そんな時に人は、やる気をなくしてしまいます。

 

ブログは、結果が出てくるまでに時間がかかります

 

ブログを始めてすぐ、多くの人に記事を読んでもらえるのは、

よほど運がいい人か、才能がある人か、

有名人くらいです。

 

ぼくを含めた多くの凡人は、

日々地道に記事を書いて増やしていくしかありません。

 

これは、音楽でよく言われることなのですが、

音楽は徐々に実力がついていくのではなく、

日々鍛錬を重ねて、あるレベルにまで達したところで、

一気に実力が上がるそうです。

 

音楽でプロになれず、挫折してしまうミュージシャンは

たくさんいます。

 

彼らは、結果が出てくる前に自分で音楽の道をあきらめて

しまうのですね。

 

プロになることをあきらめてしまうのは、

誰かにそう言われたからではありません。

 

最終的に辞めるのは自分が決めます。

 

プロになるのをあきらめてしまうのは、

結果や成果を感じられないからですね。

 

目に見える結果や成果がないと

自分がやっていることが無意味に思えてきます。

 

そうするとやる気がなくなってしまい、

あきらめることに繋がるのですね。

 

話がそれてしまいましたが、ブログも音楽と一緒です。

結果が出るまでに時間がかかります。

 

中々思うような成果が出ないから、

その前にあきらめてしまうという人がとても多いのです。

 

体調が悪い

 

どこか身体や心の調子が悪ければ、

当然やる気も起きません。

 

よくありがちなのが、寝不足

 

寝不足によって、注意力が散漫になり、

イライラもしてくる。

 

そんな最悪のコンディションでは、

ブログを書くやる気なんて起きるはずがありませんよね。

 

睡眠不足だなと感じたら素直に寝ましょう。

 

何か悩み事がある

 

恋人に振られたり、就職が中々決まらなかったり、

何か不安や悩み事がある時は、

目の前のことに集中できません。

 

考えないようにしようとしても、

どうしてもそのことを考えてしまう。

 

そんな状態では、ブログを書くやる気なんて

到底起きないでしょう。

 

そんな時は、不安や心配なことを紙に書きだしてください

ずっと頭の中で考えたままでいると

モヤモヤしてしまいます。

 

頭の中の不安材料を紙に書き出すことで、

外に取り出す。

そんなイメージを持ってください。

 

やる気が出ない時の対処法は?

どうしても、やる気が出ない時は

どうすればいいのでしょう?

 

まず一つは、少しでもいいから

やってみるということです。

 

ブログで言えば、一行でもいいから、5分でもいいから、

まずは書いてみる

 

実際にやってみるとわかるのですが、

少し書いてみると案外やる気が出てくるものです。

 

何かを始める時に一番エネルギーを使うんですね。

いったん走り出してしまえば、

後は結構すんなりといけるものです。

 

それでも、やる気が出ない時もあることでしょう。

そんな時は、もう素直に休んでしまいましょう

 

とっとと寝てしまうもよし、

趣味に時間を使うもよし。

 

しばらく休むと、

ふと、ブログを書きたいな。

という瞬間が訪れます。

 

そのふとした瞬間を逃さずに、

ブログを書いてしまう。

そうすることで、またやる気が出てくるのですね。

 

 

しんさんわーくすジングル集を公開しました!

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。

アフターファイブ作曲家のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

前から作りたいと思っていたジングルのサンプル動画を作りました。

 

こちらになります。

 

 

オーディオストックで販売中のものや

dovaやニコニ・コモンズで無料配布しているものを

集めました。

 

 

動画に入れた曲以外には、

こんな曲も作っています。

 

 

ジングルは、非常に短いフレーズで作られているのですが、

これが意外と難しいんですね。

 

昔小学校の頃、恩師に短い文章の方が

帰って伝えるのが難しいと言われたことがあります。

 

音楽にも同じようなことが言えるなと

感じますね。

 

短い曲には、短い曲の難しさがある。

奥が深く、作っていて楽しいですね。

 

これからも、ジングル曲を定期的に作っていきます。

 

また、しんさんわーくすはココナラで

ジングルの制作依頼を受け付けています。

 

あなただけのオリジナルジングルを制作します 企業や個人の動画などにご利用いただけます!

 

金額は、1000円~とお手頃価格で販売しています。

まずは、お気軽にDMをいただければ嬉しいです。