「アニメ」カテゴリーアーカイブ

音楽のプロとアマチュアの違いは○○だ!

 

どうも、フリーの作曲家しんさんわーくすです。

『プロが教えるアニソンの作り方』(ランティス監修)を読み始めました。

この本は、アニソン界では非常に有名なプロデューサーや作曲家、作詞家の方に対するインタビュー集となっています。

僕も大好きな作家さんのインタビューも載っていて、非常に濃密な内容となっています。アニソンシーンの最前線で活躍されている方々のインタビューなので、ページをめくる度に発見があり、トリハダが立ってしまいました(笑)

『プロが教えるアニソンの作り方』は、まだ読み始めたばかりなのですが、その中でもプロって、こういうところに気をつけているのか!と気づいたことがあったので、記事を書いてみることにしました。

ある意味では、プロとアマチュアで大きく異なる考え方かと思います。

プロは、曲作りの準備に時間をかける

『プロが教えるアニソンの作り方』では、第一章でプロデューサー&ディレクターのお仕事というセクションを設けています。

インタビューを受けているのは、伊藤善之さんと斎藤滋さんです。まさにランティスと言えば、この2人ですね。

ディレクターやプロデューサーがどんなところに気をつけて曲作りを進めていくのか。お2人のインタビューを見ていると非常に共通点が多いように感じました。

中でも印象的だったのは、タイアップとなったアニメの監督さんやスタッフさん、作曲家の方々との打ち合わせに非常に時間をかけているということです。

アニメ作品とのタイアップには、どういった曲を持って行くのか。実際に曲を作りだす前の準備に非常に時間を掛けているという印象でした。

はやり、土台がしっかりしていないと良い作品はできないということでしょう。サウンドや編曲には、非常に力を入れるけれど、作曲は手抜きというのではいけないということですね。

ランティスが重要視していることは、メロディである。良いメロディの曲しか出していないと伊藤さんは言いきっていました。

J-popやアニソンにとっては、メロディが要です。何よりも大切なメロディをないがしろにしてはいけないのですね。

僕のメンターは、「プロは準備に一番時間をかける」とよく発言しています。

誰に対して曲を提供するのか、どんなリスナーに曲を届けるのか。当然ですが、プロは市場を強く意識しています。

そういった部分がプロとアマチュアの大きな違いなのかもしれませんね。

まとめ

『プロが教えるアニソンの作り方』は、気づきがたくさんあって読んでいて楽しいです。

僕自身、曲作りの準備、市場に対する意識が全然できていないなと反省しています。

一曲一曲どういった意図で作るのか、事前に明らかにした上で曲を作っていきたいですね。

ただし、曲作りの準備に悩み過ぎて、曲が作れない。なんてことがないようにしたいですね。

あくまでも、走り続けることはやめない。走りながら、考えるというスタンスで活動していきたいものです。

無駄なコトをしよう アニメ『ばくおん!!』

どうも、しんさんわーくすです。

先日、アニメ『ばくおん!!』の第12話を観終わりました。

OPテーマの『FEEL×ALIVE』。佐咲紗花さんと堀江晶太さんのタッグによる曲がスゴく好きで、それならアニメも見てみよう。ということで、見始めたアニメ『ばくおん!!』でしたが、面白すぎて完全にハマってしまいました。

バイクに全く興味がなく、免許が必要なことすら知らなかった女子高生の主人公が、バイクと仲間に出会って青春を送る。

某『け〇おん!』のパロディ感があちこちに散りばめられている感じも、個人的にツボでしたw

そんな、バイク乗り女子高生の放課後を描いた、アニメ『ばくおん!!』ですが、この作品から学べることがたくさんあるなと思ったので、ブログに書いていきたいと思います。

 

無駄なことでも好きならやろう!

作品全体を通してバイク乗りの葛藤が伝わってきました。作中でも述べられていましたが、バイクというのは何とも中途半端な立ち位置にいるんですね。

エンジンを積んだ乗り物としては、明らかに自動車の方が快適です。

二輪車に乗りたいのであれば自転車の方が健康的です。

オートバイは、不便な点が多いのですね。

しかしながら、爆発的なブームは過ぎ去ったとはいえ、バイク愛好家は一定数います。

冷静に考えれば、バイクに乗る必要性はあまり感じません。僕自身、バイクには乗ったことがありませんし、免許すら持っていません。

どうして、彼らはバイクに乗るのでしょう。なぜ、無駄とも思えることをしたがるのでしょう。

 

それは、やはり好きだからでしょう。その感覚はきっと、実際にバイクに乗ってみないと分からないものだと思います。

 

陳腐な言い方ではありますが、結局のところ好きだから無駄なことも進んでやる。

他の人からすれば、無駄なコトにしか思えないけれど、自分にとっては意味も価値もある。それは、その本人にとっては無駄なことではないでしょう。

一般的に無駄だ非効率的なことだと言われていることであっても、好きなことだったらやる意味があるということですね。

みなさんも、好きなこと、やりたいことが一つや二つあると思います。

しかし、「こんなことやっても仕方がない…」と初めから諦めてしまう人が多いような気がします。

それは、かなりもったいないことです。好きなことであれば、自分にとっては十分に意味があることなのですね。

 

まとめ

自分の人生を豊かにする。という意味では、無駄なことや遊びを積極的にやっていくべきです。何に価値を見出すかは、人それぞれです。自分が好きなコトならば、徹底的にやってみるべきなのではないでしょうか。

アニメ『ばくおん!!』からは、そんなメッセージが伝わってきます。

それにしても、『ばくおん!!』を見ていると無性にバイクに乗ってみたくなりますね。明日からでも教習所に通おうかな…