前に書いたブログと同じ内容になってしまったけどいいのかな?ーーいいんです!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。

フリーの作曲家のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

ブログを書き続けていると、

「あれっ、今回の記事、前に書いたやつと同じような内容になってしまったぞ…」

と思う瞬間がやって来ます。

そんな時おそらく

「前に書いた内容とかぶっているけど、果たしてこの記事を公開してもいいのだろうか?」

「読者のみなさんに、あいつまた同じことばっか書いてるぞ」

とか思われないだろうかと考えてしまうのではないでしょうか。

あまり気にしませんか?

僕はめっちゃ気にするタイプです笑

スポンサードリンク

前書いた記事の内容とかぶっても良いのか?

 

僕の結論を先に申し上げますと、

前に書いた記事と同じような内容になってしまっても全く問題ないと思います。

そんなことは気にせず、バンバン記事を書いて行きましょう!

なぜそう考えるのか?

その理由を詳しく考えていきましょう!

 

前書いた記事の内容を覚えている読者は少ない

 

そもそもですね、過去に書いた記事の内容をいちいち覚えている読者なんてほとんどいません。

現代に生きる僕たちは、日々膨大な量の情報に触れています。

次から次へと情報がインプットされていく。

あなたがブログに書いた記事は、それらの本の一部にすぎない。

読者にとって役にたつ一文があれば、その部分に関しては何となく覚えてもらえます。

しかし、読者の琴線に触れなかったほとんどの内容は、どんどん忘れられます。

つまり、あなたが書いた全てのブログの内容を把握している読者なんて
ほとんど存在しないのですね。

また、ブログを始めたばかりの頃は、固定の読者は少ないです。

是非グーグルアナリティクスなどで、ブログの訪問者数を分析して欲しいのですが
ほとんど新規の読者が占めているのではないでしょうか?

つまり、ほとんどの読者にとってあなたのブログは初めましての状態なのですね。

たとえ、前に書いた記事と内容がかぶっていたとしても
多くの読者にはわかりっこないのです。

もし、覚えている読者がいるとすればその人は相当なファンです。
その読者の方々は、めちゃくちゃ大切にしましょう。

 

大事なことは何度も言った方が良い

 

本当に大事なことだったら、一度と言わず
二度、三度、いえ、何十回でも言った方が良いのです。

自分の想いというのは、思った以上に相手に伝わらないものです。

ミュージシャン、実業家など様々な肩書きを持つGacktさんが言ったとされる
名言があります。

人に100%の事を望むなら
自分は300%、400%やって初めて相手に自分の思いが届く

それほどまでに、誰かに何かを伝えるということは難しいことなのですね。

なので、あなたが絶対に伝えたい!伝わるべき!

という考えがあるのなら、遠慮なんかしないで
何回もその思いをブログで表明していくべきなのです。

 

何度も繰り返し書くことで、その考えは自分の一部となっていく

 

これまでは、読者などの「自分の外」に対する効果について
書いて来ましたが、

実は、何度も同じ内容の記事をブログに書くということは、
自分自身にも良い影響があります。

何度も、ブログに繰り返し書くこと、
すなわちアウトプットを繰り返すことで

その考え方は、どんどんあなたの中に染み込んでいきます。

たとえ今の自分からすると背伸びしすぎに思えるような
考え方・価値観であったとしても

何度も繰り返してアウトプットしているうちに
腹落ちし、自分の中の常識に変わっていきます

自己啓発系の本やセミナーでは、
必ずマインドセットが大切だ!

と言われます。

マインドセットなんて所詮精神論じゃないのか!!

と自己啓発と聞いただけで拒否反応を示す人もいるかもしれませんが、

ほとんどの自己啓発系のコンテンツで口を酸っぱくして言われているということは、

それほどまでにマインドセットや考え方というのが大切なのだと思います。

僕は自己啓発界隈の回し者ではございませんので、
そういう本を買えとかセミナーに行け
とは決して言いませんが笑

上手くいっている人、成功している人の考え方を知る、学ぶ、自分のものとする
という考え方は一理あると思っています。

是非、ブログを通して何度もアウトプットを行い、
自分を大きく成長させるためのトレーニングの場としてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

  • 前に書いた記事の内容を覚えている読者は少ない
  • 大事なことはむしろ何回でも書くべき
  • 何度も繰り返し書けば、自分の成長にも繋がる

細かいことは気にせずに、バンバン記事を書いていきましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 深山は美山 , 2019 All Rights Reserved.