稼ぎたいならブログはやめとけ!それでもブログを書いた方がいい理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。

 

フリーの作曲家のしんさわ(@shinsanworks)です。

 

最近、副業ブームが過熱していますね〜

大企業でも副業解禁している所が増えてきて、ネット記事でもオススメ副業の紹介記事が毎日、手を替え品を替え生み出されています。

自宅でできる副業として、よくオススメされるのが「ブログ」です。

ブログは、初期投資が少なくて済みますし、パソコン1台あればどこでも書けるので、簡単に始められる副業として人気が高いです。

が、

今回あえて厳しいことを書きますが、それらネット記事を参考にして副業を始めたいと思った時、ブログを選ぶのはやめた方がいいです。

ブログは稼げない?

まず、みなさんが気になることはブログで稼ぐことができるのか、ということだと思います。

「ブログで稼ぐ」について色々調べてみて、

そして自分でもブログを運営してみて導き出した結論は月に1、2万円程度なら、頑張れば稼ぐことは可能ということです。

 

ただ、ブログ一本で生計を立てるレベルまで稼ぐのは、茨の道です。

少し前には、「プロブロガー」なんて言葉も流行りましたが、そう言ったレベルに到達するためには、運と才能、そして圧倒的な時間と労力をブログに費やす必要があります。

なので副業を始める際に、

「簡単そう」、「手っ取り早く稼げそう」

っていう理由でブログを始めた人たちは、

すぐに挫折してしまうんですよね。

 

ブログで、月に何万円と稼ぐようになるためには、やはりある程度の時間と労力が必要です。

結果が出るまでは、ブログを書き続けるけれど、全くPVが伸びない、お金も稼げないって時期が続きます。

そしてみんな、そんな状況に耐えられなくて、結果が出始める前に諦めてしまうんですよね。

ブログで稼ぐことは不可能ではないけれど、すごく難しいことだよ

ということです。

 

ブログをやる意味はあるのか?

「ブログで稼ぐ」

というのは、手っ取り早く稼ぎたい人にとってはすごくコスパが悪いです。

では、今からブログをやる意味はないのでしょうか?

僕は、例え大した稼ぎに繋がらないとしても、ブログは書いていくべきだと思っています。

それは、ブログを書くということは、自分のメディアを持つことだからです。

例えば、僕のように音楽を作っている人にとっては、ブログは自分の活動を知ってもらうための入り口・看板になり得るんですね。

作家やライターを目指している人にとっては、ブログは自分のポートフォリオにもなる。

その他、何か自分の売り物を持っている人にとって、ブログを書くということは自分のお店を持つことと同じ意味なんですね。

自分の活動を広める・知ってもらう手段としては、ツイッターなどのSNSも有効です。

ツイッターの方が好きだという人は、そっちに徹底的にハマるというのも良いと思います。

ただ、ツイッターと違ってブログの良い所は、自分が書いた過去の文章がストックされていくという所です。

また、ツイッターはタイムラインにあなた以外のアカウントの投稿も表示されます。

それに対して、ブログを読んでいる際は読者の意識は書き手であるあなただけに向いています。

より深く、自分について知ってもらいたいと考えた時は、ブログの方に分があるでしょう。

ブログは情報発信の強力なツールなんですね。

自分のメディアを持つという意味では、何もブログにこだわる必要はありません。

おしゃべりするのが好きという人は、voicyを使うのも良いです。

動画を作るのが好きという方は、YouTubeを使い倒すのも良いです。

そして、文章を書くのが好きな方は、ブログを書けば良いのです。

ツールはなんでも良いのですが、自分だけの情報発信の場を持つということが、これからの時代を生き抜くために必須だと思います。

まとめ

  • 楽してブログで稼ぎたい人はやめた方がいい
  • しかしブログは自分のメディアを持ちたい人にとって、最高のツール
  • どんどん情報発信をして、自分の価値を高めよう
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 深山は美山 , 2019 All Rights Reserved.