バイクで早くもピースサインされました

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。
しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

ぼくがバイクの趣味を持っているということは、何度かブログに書きました。

とは言うものの、バイクを買ったのも公道デビューしたのもつい最近のことなのですけどね。

まだ、数回程度しかバイクで公道を走っていないぼくですが、ついに他のバイク乗りからピースサインされるというイベントが発生しました笑

そういった文化がバイク乗りの間にあることは、ウワサには聞いていました。

しかし、こうも早くピースサインしてもらえるとは思っていませんでした。

 

対向車線のバイカーからピースサインされる

 

約束の時間まで1時間ほど間が空いていたので、軽く近くの道の駅までドライブに出かけていた時のことでした。

その日は、気温が低く風も冷たくて、
ぶっちゃけバイク日和ではありませんでした。

「バイク乗っているのなんて、ぼくぐらいしかいないんじゃね?」

という気分で走っていたのですが、予想は完全に外れました。

バイクにすれ違うわ、すれ違うわ。

バイク乗りのストイックさを見せつけられた気分でしたねw

 

すれ違うバイクを横目に見ながら、ぼくはバイク乗り特有の文化について思い出していました。

なんでもバイク乗りの間には、ピースサインをお互いにし合う文化があるのだとか。

特にバイク乗りの聖地北海道では頻繁に行われているのだそう。

でも、ここは北海道じゃないし、
そういうのは別にやらんでもいいのかな?

自分からやるのはなんか恥ずかしいし…

と思いつつも、対向車線を走っているバイクに視線を向けてみる。

「スッ…」

「ピ、ピースサインされただと!?」
(正確には手を挙げて挨拶された程度ですがw)

まさか、本当にピースサインされると思っていなかったので驚きましたが、動揺を悟られないように軽く手を挙げて挨拶を返しました。

 

知識として知っていれば咄嗟に対応できる

 

今回の出来事に関しては、事前にバイク乗りの間でピースサインする文化がある
って知っていたから反応できたことなんですよね。

これが事前知識なしだと

「なんで手を挙げているんだ?知り合いだったかな?」

と戸惑うはずなんですよね。

役に立たない知識なんてない
と言われることがありますが、まさにその通りだなと実感した出来事でした。

参考記事:http://bikelabo.com/peace_sign

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 深山は美山 , 2017 All Rights Reserved.