病院で時間を無駄にしていない?3つの対処方法を教えます

2017/08/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうも、しんさんわーくすです。

突然ですがみなさんは、健康でしょうか?健康な状態で、何気なく日常生活を送っていると意識しませんが、やはり健康でいられることが一番です。

そのことを強く実感するのが、病院にいった時です。病院に行くと、よっぽどガラガラで空いていない限り、待ち時間がありますよね。

この時間は、ハッキリ言って無駄です。時間なんていくらでもあるから、病院で2,3時間待たされようが、構いやしない。そう思っている人なら良いのですが、時間のない社会人で、更に一刻も早く独立したいと考えている人にとっては、無駄な時間はできるだけ避けたいものです。

僕自身、健康だと思いこんでいたのですが、健康診断で引っかかってしまい、一応ということで精密検査を受けに病院に行く事になりました。

自分の健康のことを考えたら、仕方のないことではありますが、やはりいちいち病院に行くのは、それだけで時間の無駄です。

さらに、僕が失敗したのは、土曜日という明らかに混むであろう日に病院にいってしまったということです。

今回は、そんな病院での待ち時間で時間を無駄にしないための工夫を3つほど、ご紹介します。

病気をしない

いきなり、当たり前のこと過ぎて申し訳ないのですが、病気をしない。健康でいることが一番です。

と言っても、これが案外難しい。みなさんの中にも、ついつい、コンビニで買った弁当やおにぎりなどで、食事を済ませてしまっている。タバコを吸ってしまっている。夜更かしをしてしまう。

などのように、健康に悪い行動をとってしまう人は多くいらっしゃるはずです。

病気をしないことは、基本中の基本ですがこれが案外難しい。健康でいたいのに、それができないという人もいます。

不自由のない健康体の人は、ついつい健康でいることのありがたさを忘れてしまいがちです。

健康でいるということは、フリーランスになる上でもとても重要です。会社に頼ることなく、自分の力で仕事を取ってきて、稼ぐということをしなくてはならないからです。

体が資本とよく言われますが、フリーランスにとっては健康そのものが資本となります。

本を持って行く

病院の長い待ち時間を少しでも無駄にしないために、本を持っていきましょう。

この前、僕は9時に病院に行きましたが、解放されたのは12時半でした。長く待たされることになるだろうなってある程度予想していたので、本を持って行ったのですが、正解でした。

おかげで、3種類の本に目を通すことができました。

1つが、『かんたんWord Press入門』(技術評論社)という本です。僕は、最近WordPressを使い始めたので、超入門用の本をということで買ったものです。

ほぼ、写真で説明がなされているため、あっという間に目を通してしまいました。これが、WordPressを使う上で役に立つのかわかりませんが…

2冊目が『チャンスをつかむ男の服の習慣』(中経出版)です。この本は、事前に半分ほど読み進めていましたが、今回の待ち時間を利用して読み終えることができました。機会があれば、書評も書きたいと思います。

最後に、『プロが教えるアニソンの作り方』というランティスのプロデューサーや作詞家、作曲家さんをインタビューした本です。

これは、5分の1くらい読み進めることができました。以前から、読みたいと思っていた本ですが、読み進めてみると耳寄りな情報ばかりで、非常にテンションが上がりました。

そういった意味では、病院の待ち時間も無駄ばかりでもなかったのかもしれませんね。

失敗を失敗で終わらせない

病院で無駄な待ち時間を過ごしたことを反省する。病院での待ち時間に限りませんが、失敗を反省して次につなげるということは、何事においても大切なことですね。

例えば、病院に行かなくてもいいように、生活習慣を少しずつ直していこう。混み合う時間を事前に下調べして、その曜日や時間は避けて行こう。などという感じです。

僕の場合は、こうしてブログで自分の失敗をアウトプットすることで、同じような過ちを繰り返さないよう工夫しています。また、失敗を記事として書くことで、ブログのネタにもなるので一石二鳥ですね。

まとめ

色々書いてきましたが、何よりも健康でいることが一番です。

誤解しないで頂きたいのは、僕は病院での待ち時間そのものを否定しているわけではありません。

病院には、自分以外にも困っている患者さんは大勢います。待ち時間が長いのはある意味仕方がないことです。

長い待ち時間であっても、自分の工夫次第で無駄な時間とならずに済むのであれば、その努力はしていくべきということです。

時間を無駄にしないぞ!という意識や工夫。これをやるか否かで、将来独立できる人とできない人の差が生まれるのではないでしょうか。

僕も、検査をしっかり受けて、健康でいられるように頑張りたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 深山は美山 , 2017 All Rights Reserved.