音楽理論は勉強しなくてもいい!?

どうも、しんさんわーくすです。

音楽をやっていると必ずぶつかる壁があります。それが、音楽理論を勉強するべきか、どうかという問題です。

音楽理論なんて勉強しなくても、曲は作ることができる。

変に理論武装してしまうと、曲がつまらないものになってしまうのではないのか。

など、音楽理論を否定する意見は様々あると思います。

 

まず、音楽理論が音楽をやっていく上で必要なのか。僕なりの意見を述べていく前に、僕がいう音楽理論の位置づけを明らかにしておきましょう。

音楽理論と言っても、大きく2種類に分けられると思います。

1つは、ガチガチのクラシックの音楽理論。もう一つは、それ以外の商業音楽・ポピュラーミュージックの理論です。

かなり大雑把な分け方ですね。両者を混ぜて考えるとややこしくなるので、自分がどういう音楽を作りたいか、そこから考えていく必要があります。

僕の場合は、商業音楽、ポピュラー音楽を作っていきたいので、ここで言う音楽理論は、ポピュラーミュージックのことを指しています。

さて、ポピュラー音楽の理論を学ぶ必要があるのか。

 

結論を言うと、どちらかと言うと必要ない。(かなあ。)

かなり歯切れの悪い結論ですね(笑)。

言い訳がましいですが、音楽理論が必要かどうかは、人によりけりだと思うんですよね。

趣味で、好きに音楽を作りたい。

理論を学ぶのは大変そうだし、面倒くさいけれど、とりあえず曲を作ってみたい。

このように、自由奔放に音楽を作りたいという人にまで、音楽理論を勉強するように強制するのは、やはり違うと思います。

 

ある程度、曲を作っていった上で、更にステップアップしたい。

もっと自由自在に曲のイメージを形にしたい

といった場合には、音楽理論を勉強してみるのもいいと思います。

 

つまり、勉強したきゃすれば良いし、イヤイヤやっても仕様がないということですね。

悩む前に、曲を作ってみる。必要だと感じたら、音楽理論を勉強する。場当たり的ではありますが、いつまでも一歩踏み出せないでいるよりは遥かに良いと思います。

 

「とりあえずやってみる」

音楽に限らず、成功するためには必要な心構えなのではないでしょうか。