朝起きられない・辛いなんて言うクリエイターは稼げない

2018/07/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。

アフターファイブ作曲家のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

ビジネス書を読んでいるとよく出てくるのが

できるビジネスパーソンは朝型である

という意見。

 

でも、これってビジネスパーソンに限らず、創作を行うクリエイターにも

同じことが言えるよなぁと思ったので、

その理由についてちょっと書いてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

なぜクリエイターは朝型になるべきなのか

 

みなさん、クリエイターと聞くと夜型の人が多い

イメージがあるのではないでしょうか。

 

例えば、漫画家。

漫画家のイメージと言えば、常に締め切りに追われていて、

夜を徹して原稿を完成させるといった感じだと思います。

 

クリエイターならば、徹夜して当然というような考え方も

あるのかもしれません。

 

徹夜は自己満足

 

ハッキリ言って、徹夜は自己満足でしかありません。

睡眠を取らないと、脳が十分に働かなくなるからですね。

 

おそらく、そんなことは誰であっても知っていることでしょう。

でも、知っている人は多くでも、重要な事実として受け入れている人は

少ないのではないでしょうか。

 

でなければ、寝てない自慢をする人が

こんなにも多く出てくるはずがありません。

 

全力を尽くして戦い抜かねばならない仕事を前にして、

寝不足というのではプロ失格ですよね。

 

そりゃ、1年のうち数回は寝不足にならざるを得ない

出来事もあるかもしれません。

どんな職業であっても、

寝る間も惜しいぐらい忙しい時期というのはあるものです。

 

でも日常的に睡眠不足だという人は注意が必要です。

仕事のパフォーマンスを落としていることに、

寝不足の頭で気づけますか?

 

不規則な生活は健康にも悪い

 

クリエイターには夜型が多いというのは、先ほども書いたとおりです。

昼夜逆転の生活が続いていて、太陽が沈んだ頃に目を覚ます

という方も多いのではないでしょうか。

 

恥ずかしながらぼくも、大学生の頃にはそんな生活を送っていました。

でもやっぱり、不規則な生活は心身ともによろしくないんですね。

 

なぜなら人は、朝陽が登るとともに活動を開始し、

沈むとともに休息に入るという生活を

遥か昔からずっとしてきているからです。

 

ライトが発明されて夜でも活動できるようになったのなんて、

歴史的に見れば、つい最近のことなのですね。

 

太陽を浴びない生活が続くとセロトニンが不足するようになります。

 

セロトニンとは

セロトニンは、精神の安定や睡眠に深く関わっている神経伝達物質です。セロトニンが不足すると、ネガティブな思考になったり、内臓の働きや代謝が下がったりする

 

セロトニンはストレスにも関係するホルモンなんですね。

セロトニンの分泌に置いて大切なのは、

リズム運動と太陽を浴びることと言われています。

 

精神的に不健康だと、それはやがて身体の方にも悪影響を

及ぼします。

規則正しい生活は、健康維持のためにも必須なのですね。

 

で、ここからが大切なことです。

クリエイターこそ健康である必要があります

 

なぜなら多くのクリエイターは、

会社に所属して創作活動を行っているわけではありません。

基本的にクリエイターは自営業です。

 

もし身体を壊して働けなくなった場合、

守ってくれる存在はいません。

 

そうなった場合の対策を自分で考えなくてはいけません。

自分の健康に投資することが、クリエイターにとっての保険と

なるのです。

 

その一番簡単で安価な投資こそが睡眠なのです。

 

会社から帰った後の創作活動は無理

 

これは会社員として勤めながらも、空いた時間を利用して

創作活動を行っているクリエイター向けです。

早く独立できるように日々頑張っている方も

多いのではないでしょうか。

かくいう僕も会社員として働きながら、

2年後に独立できるよう日々奮闘中の身です。

 

僕たちのような会社員クリエイターこそ、朝型に切り替えていくべきです。

なぜなら、日中の仕事が終わってから創作活動をしようとしても、

疲れてしまって全然気が乗らないということが多いからです。

 

自分にとって大切なことは何か。

優先順位をつけて行っていくことが、成功の近道です。

 

自分の創作活動が大切ならば朝、先にやってしまいましょう。

極端な話、

朝の創作活動を頑張って、後の昼の仕事は流してしまえばいいのです。

 

本気でクリエイターとして食っていきたいというのであれば、

朝、確実に作品を作る時間を確保するべきなのですね。

 

まとめ

 

ビジネスパーソンもクリエイターも

その仕事でお金をもらい、ご飯を食べているプロです。

 

最高のパフォーマンスで仕事に臨むためには、

十分な睡眠が必要不可欠です。

 

今回のブログのまとめ

  • クリエイターとして生計を立てたいのなら、ベストなコンディションで創作に臨まなければいけない
    →徹夜なんてもってのほか
  • 独立したいのなら健康第一!
    →慢性的な寝不足は健康に害しか与えない
  • 会社から疲れて帰ってくると創作の意欲が湧かない
    →朝早起きして、出社前に創作活動をしてしましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 深山は美山 , 2018 All Rights Reserved.