堀江貴文『多動力』教養を身につけ原液を作り出せ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ブログを見に来てくださり、ありがとうございます!
しんさんわーくすです。

堀江貴文さんが書いた『多動力』を読み終わりました。

この本は、いろいろな人が感想や書評を書いていていますね。

ぼくも、前から読みたい読みたいと思っていましたが、ようやっと読了しました。

個人的に気になった点をご紹介していきたいと思います。

気になった点

  1. ベストセラーはコピペ本
  2. 教養なき者は奴隷になる
  3. すべての仕事はスマホでできる

それぞれを詳しく見ていきましょう!

ベストセラーはコピペ本

これは、堀江さんのベストセラー本がいわゆるコピペでできたものだ。
ということらしいです。

堀江さんは、基本自分で本を書くのではなく、ライターと会話をして、その内容をライターに代わりに書いてもらう。

という形式を取っているようです。

それで、あるライターの質問があまりに退屈だったらしく、

「そんなことは、過去の雑誌やネットの記事を見てくれ!」

と怒ったようですw

堀江さんいわく、過去のインタビューで散々自分の考えは話してきた。

堀江貴文という人間の考え方はそんなにすぐ変わるものじゃない。

同じようなことを何度も答えるのは、無駄だ。
という考えからの発言のようです。

そうして作られた本がベストセラーとなった。

自分でやらなくていい仕事、やりたくない仕事は誰かに任せる。

そうして、無駄な作業によるストレスを減らす工夫が必要なんですね。

教養なき者は奴隷になる

時間は限られています。

有限である時間の中で、どうやって多くの仕事をこのなしていくのか。

堀江さんは、原液を作る人間になることを提唱しています。

1度アイデアや仕事を作ってしまって、あとは他の誰かが勝手に薄めて広めていってくれる。

そんな原液を作る側の人間になるべき。

でも、そんな人間にどうやったらなれるのか?

それには、教養が必要であると堀江さんはおっしゃっています。

教養を身につけることは、本質を見抜く力を養うことにつながります。

そんな教養を身につけるためには、

疑問に思ったこと、気になったことは徹底的に調べる。

何冊もビジネス書ばっかり読むのではなく、一冊の骨太本をしっかりと読み込む

そして、教養を身につけたのなら、それを仕事に落とし込むよう心がける。

あらゆる情報が検索すれば手に入ってしまう、今の時代において知識があることは大した価値にはなりません。

それよりも、もっと本質を見抜く力、時代に振り回されないための能力が必要なのですね。

すべての仕事はスマホでできる

多くの人が持っているであろうスマホ。

かなり便利な時代になりました。

スマホが一台あればほとんどの仕事はできてしまうのではないか。

と筆者は言います。

それどころか、音楽や映画なども課金すれば見放題になってしまう。

あらゆることがスマホ一台で完結してしまう。

この恵まれた環境を最大限活用しない手はありません。

空いた時間をゲームやネットサーフィンに費やしていませんか?

そういった時間も楽しいのですが、それを少しでも自分のビジネスの時間にあててみてはいかがでしょうか?

まとめ

日本では、「長く1つのことを続ける」ことが美徳とされます。

それはそれで、1つの価値観です。

しかし、やりたいことがあるなら、素直にやるべき。

それで同時にいくつもの仕事をかけ持つことになるとしても、やはりやりたいならやるべきです。

そんな「多動力」を持った人がこれから面白い仕事をたくさん創り出していく。

そんな時代になっていくと良いですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. […] 堀江貴文『多動力』教養を身につけ原液を作り出せ! […]

Copyright© 深山は美山 , 2017 All Rights Reserved.