【フリーのクリエイター向け】本当は教えたくない自炊節約術

2017/08/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

どうも、しんさんわーくすです。

フリーランスで活動しているクリエイターのみなさん。節約していますかー?

フリーランスの一番の心配事と言えば、やはりお金でしょう。

不安定な収入。好きなコトを仕事にできるのはいいけれど、やはりそれだけでは生きていけない

住む場所があって、着る服があって、そして食べるものがないといけません。会社を辞めて独立するにしても、自分のビジネスが軌道に乗るまで苦しい時期が続くと思います。

注いだ労働量に対して、かえって来る収入が少ないという現実に直面するかもしれません。だったら、寝る時間も削って、労働時間を増やそう!

と無茶をしでかそうとする人もいるかもしれません。

しかし、そんなに単純な問題ではないですよね。そんな調子では、体を壊してしまい、もっと生活が苦しくなってしまう可能性もあります。

増やすより、減らす

収入を増やすということも大切ですが、それよりも支出を抑えること。毎月出ていくお金を見直すことが大切です。

人によって、これだけあれば安心して生活できる金額というのは様々です。毎月20万円あれば、やっていけるという人もいれば、50万、100万円の収入がないと不安でならない。という人までいると思います。

しかしながら、本当に突き詰めていけば、月に必要なお金は、それほど必要ないのです。

プロブロガーのイケダハヤトさんは、高知への移住を勧めています。田舎であれば、家賃だってそんなにかかりません。農業がさかんな地域では、新鮮な野菜が安く手に入ります。

今の自分の環境に慣れてしまうと、見落としてしまいがちですが、毎月の出費を安く済ませることができる環境はたくさんあります。

クリエイターは節約しよう

フリーのクリエイター、あるいは独立を目指している人は今日からでも節約生活を始めましょう。

本当は節約しようなんて、大きな声で言いたくはないんですけどね。

やはり、みなさんには多くのお金を使ってもらって、少しでも日本の経済を活性化してほしい。節約なんてしていないで、バンバンお金を使ってほしい。

そして、僕はちゃっかり節約して貯金を増やす。そして、いい思いをする。それが理想です。

まあ、そんな単純な話ではないですが(笑)

冗談はさておき、節約して無駄遣いを止めることは、決して損なことではないでしょう。

まして、収入が不安定ということでみんな独立をためらっているのですから、少しでもお金の不安は取り除いておくべきです。

節約術といっても、色々あります。なので、今回は数ある節約法から1つだけご紹介したいと思います。

自炊をしよう

今日からでも、自炊をしましょう!

なんだ、自炊かよ!って思った方もいるでしょう。

しかし、面倒くさがってコンビニや外食で食事を済ませているという人は多いのではないでしょうか。

確かに、食材を買ってくるのは面倒くさい。調理もダルダルです。食べ終わった後の食器や調理器具洗いなんて正直やりたくありません。

でも、面倒くさくても何でも自炊はしましょう。それだけのリターンはあります。

ほとんどの人は1日3食食べますよね。自炊と外食では、1回当たりの値段がそんなに違わなくても、1週間、1ヶ月、1年間続けると大きな差がでます。

自炊で浮いた分のお金で、機材を買うなり、本を買うなり、有意義なお金の使い方をするべきです。

健康にも良い

「でも、しんさん。コンビニのパンやおにぎりをずっと食べていればいいじゃないですか。ファストフード店で安いメニューもありますぜ。」

という方もいると思います。

ハッキリ言ってしまうと、コンビニやファストフードで食事を済ませることは論外ですよ。

そんな食生活を続けていると体を壊します。病気にでもなったら、余計なお金も時間もかかります。

自分のだらしがない生活で、病気になるなんてもってのほかです。

自炊をして、節約にもなる。健康な生活を送ることができる。

フリーランスでやって行こうとするなら、自炊の習慣はマストでしょう。

まとめ

今回は、フリーランスのクリエイターに向けて節約生活を勧めてきました。自分のビジネスが手一杯で、ついつい食生活がおざなりになりがちです。

しかし、食事は生活の基礎です。自分の健康や節約のことを考えたら、自炊は是非するべきだと思います。

最初は面倒くさいかもしれませんが、習慣にしてしまえば苦ではなくなります。

今日から少しずつでも、自炊をしてみてください。そして、独立のために頑張りましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 深山は美山 , 2017 All Rights Reserved.