これからの時代を生き残りたいと思ったらお金を使いなさい

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。

フリーの作曲家のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

午堂登紀雄さんの『33歳で資産3億つくった僕が43歳であえて貯金ゼロにした理由 使うほど集まってくるお金の法則』という本を読みました。

タイトルからも分かる通り、33歳にして3億円もの資産を築き上げた著者があえて43歳で貯金をゼロにした理由について書かれたユニークな本です。

読んでみて面白いなと思った部分を3つご紹介します。

スポンサードリンク

 

人生を変えてくれた出費

 

著者である午堂登紀雄さんが、なぜ3億円もの資産を貯めたのに
それを敢えて使い切ってしまったのか。

その理由は、著者の価値観にあると言います。

つまり、お金を貯めることよりも、
それをビジネスや資産運用に回して収入を上げることにこそ意味がある。

お金を使って自分の稼ぐ能力を上げることにこそ意味があると言う
価値観からなんですね。

そんな著者が自分の能力・考え方をレベルアップさせるにあたり、
大いに貢献してくれた出費があるそうです。

それが、「本、人、旅」です。

僕はよく、「人間の幅を広げるものは3つある。人と会うこと。本を読むこと。旅をすることだ」と主張しています。

-p.109より-

「人、本、旅」

これら3つは、他のビジネス書なんかを読んでみても、その重要性が説かれていますね。

「人」は、人脈や人と人との繋がりのこと。

よく幸運とお金は人が運んできてくれる
と言われています。

ただし、むやみやたらに多くの人と付き合えばいいと言う訳でもない、
自分を成長させてくれたり、何か気づきを与えてくれたりと
良質な人間関係を持つことが大切とされています。

「本」は、自分の考えをアップデートさせる点でも役に立ちます。

たった数千円で、自分よりもはるかに頭も良く、経験も豊富な先人の知恵に触れることができる本は、
この上なくコストパフォーマンスが良いです。

本当になぜ、こんなにも多くの人は本を読まないのか不思議ではあります。

著者は、「本を読まない人に未来はない」
とまで言い切ってしまっています。

最後に旅ですが、旅をすることで自分とは違う価値観に触れることができます。

日本国内でも、違いを感じ取ることはできると思いますが、
国外を旅するとさらに顕著に違いを感じることでしょう。

中には、貧困や差別に苦しみ、自分一人の力では現状をどうにもこうにもすることができない
人たちとも出会うことがあるかと思います。

日本人の自分との境遇があまりに違いすぎて愕然とするかもしれません。

世界中には、恵まれていない人々もいる。

日本に生まれた時点で、サイコロの6の目を出してスタートしているようなものなのだから、
環境を言い訳にせず、自らの力で道を切り開いていく前向きなモチベーションにしよう!

と著者は述べています。

 

頭で生活する

 

常に頭を使って、身の回りのビジネスの仕組みを観察してみることが大切です。

例えば、2980円と激安価格で参加することができる日帰りのイチゴ狩りツアー

「こんなに低価格でお得で楽しいイチゴ狩りツアーに参加できるなんて最高だな!」

で終わらせてしまっていては、お金を消費するのみで終わってしまいます。

なぜ、こんな低い料金設定なのに、ビジネスとして成立させられるのか?

と頭を使うことが大切です。

まずは、なぜだろう?
と疑問を持つことから。

疑問に思ったことは、そのままにせずに、
自分なりに仮説を立ててみたり、調べてみたりと
実際の行動に落とし込むことが大切です。

こういった習慣を常に持つことで、知恵を蓄えることができ、
今後の人生の様々な出来事に応用していくことができると著者は言います。

 

自由になりたければモノを買わずに減らしていけ

 

特に印象に残っているのは、
モノを捨てるのには知性がいる
と言う部分。

モノを買う場合は、「これ欲しい!」と直感して、
対価としてお金を支払えば良いだけです。

しかし、モノを捨てるとなった場合は、
それが今後必要となるのか、それとも不要なのか
判断をしていかなければなりません。

モノを捨てるためには、想像力を働かせる必要があるのですね。

逆にモノを捨てられない人は、想像力を働かせることを放棄しており、
思考停止状態に陥っている可能性があります。

モノが増えていけば、それを探す時間も増えてしまいます。

つまり、その分だけ自由な時間が減っていくと言うことです。

かけがえのない自由な時間を増やしていくためには、
余計なモノを持たずにコトに出費し、
有意義な経験を増やしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

  • 人・本・旅にお金をかけよう!
  • 頭を常に働かせ、日常に潜むビジネスの仕組みを見つけよう!
  • モノを減らし、自由な時間と有意義な経験を得よう!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 深山は美山 , 2019 All Rights Reserved.