会社員?フリーランス?とりあえずどちらも経験してから選べばいい

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

ぼくは常々、独立したい。フリーランスやりたい。

とブログに書いてきました。

が、先日ツイッターで、フリーランスから会社員に戻るという人の記事を目にしたんですね。

フリーランスやめるので本当のことを全部書く

この方は、会社員から独立し、フリーランスで数年仕事した後に、再び会社員に戻るという選択をしたそうです。

せっかくフリーランスになったのに、なぜ再び会社員に戻るのか。

理由としては、

会社員として働くことに対する抵抗が薄れた。

収入の不安。

フリーランスで家族を養っていけるのか心配になった。

といったことがあるようです。

個人的に印象的だったのが、
会社員生活に対する抵抗がなくなってきているという部分ですね。

会社員の労働条件は良くなってきている?

記事の中で、筆者は会社員のデメリットは少なくなってきているんじゃないか。

と指摘しています。

長時間労働やサービス残業などは、ブラック企業という言葉が一般的になったことにより、少しずつ改善に向かっているのではないか

また、売り手市場で労働者にとっては追い風である。

といった理由から、会社員生活も悪くないんじゃないか?

というお話ですね。

ぼく個人としては、確かに会社員のイメージはちょっとずつマシになってきているなと思います。

ただし、まだまだ会社員の悪しき風習はなくなっていないと感じています。

ぼくは地方住まいですが、やはり長時間労働で苦しんでる労働者は多いですし、サービス残業もなくなっていません。

在宅ワークを取り入れている大手企業も出てきているようですが、ぼくの周りではそういった働き方は、まだまだ浸透していないようです。

会社員の労働条件改善は、業種や地域によってバラつきがある

といった印象です。

フリーランスと会社員どちらも経験した上で選択する

ここまで述べてきた意見は、ぼく個人の感想に過ぎません。

筆者の決断にケチをつけるつもりは、毛頭ありません。

フリーランスと会社員、どちらにもメリット・デメリットがあるというだけの話です。

ぼくが伝えたかったのは、ここからのお話で、

フリーランスと会社員。
両方の働き方を知った上で、最終的にどちらを選ぶのか決めればいいじゃない

ということを言いたかったのですね。

両方の良い面と悪い面を知らないで決めつけるのは、よろしくないですもんね。

記事の筆者は、フリーランスと会社員を経験して、会社員を選んだ。

それとは逆に、やっぱフリーランスの方がいいや。
という人もいるわけです。

どちらを選ぶかは、人によるということですね。

まとめ

ぼく自身は、フリーランスになりたいと思っています。

完全にフリーランスとして活動しているわけではないので、見えていないデメリットも多いわけです。

ただ、フリーランスのデメリットを人から聞いて、やっぱ会社員の方がいいや。

と決めてしまうのは安易だなと。

最終的に働き方を決めるのは自分です。

ならば、自分でフリーランスと会社員のメリット・デメリットを体験してみないと、
納得のいく判断はできないわけですね。

なので、ぼくは引き続きフリーランスを目指して活動していくつもりです。

後のことは、実際に独立してから考えます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 深山は美山 , 2017 All Rights Reserved.