「ブログ運営」カテゴリーアーカイブ

結局ブログって稼げるの?無理です。

 

ブログだけで稼ぐのは、無理ゲーです。

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。

アフターファイブ作曲家のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

みなさんは、プロブロガーと呼ばれる人々をご存知でしょうか。

ブログを書いて、生計を立てている人たちですね。

 

自分の好きなことを書いて、収入を得ることができる。

しかも、自分の力で稼ぐことができるので、

会社に行かなくてもいい

 

プロブロガーは、とても素晴らしい仕事だ。

と憧れている人も多いと思います。

 

しかし、ブログだけで稼ぐのってぶっちゃけ

かなり難しいのですね。

 

無理ゲーってやつです。

結果が出るまで時間がかかり過ぎる

 

まず、第一にブログが読まれるようになるまで、

時間がかかります。

 

ブログを始めて、1ヶ月で10万PVを達成!

という人がごくまれにいるようですが、

 

その人は、よほど運がいいか、天才なのか、

嘘をついているのか

のどれかです。

 

基本的にブログは、始めたばかりの頃は誰にも読まれません。

 

ブログはラクに稼げそう!

と思っている人は注意が必要です。

 

全くラクではありません。

むしろ、そういった理由で始めた人にとっては、

苦行以外の何物でもありません。

 

プロブロガーは無理

プロブロガーになって、月に何百万円とか

稼ごうとするのは、ハッキリいって無理です。

 

むちゃくちゃ時間と労力をつぎ込めば、

可能性はあるかもしれません。

 

でも、そんなにするくらいなら、

別の方法で稼いだ方がよっぽどラクです。

 

でも、お小遣い程度ならやってみる価値はある

 

散々、ブログで稼ぐのは無理ゲーだと書いてきました。

 

ブログ一本で生活できるだけのお金を

毎月安定して稼ぐのは、ハッキリいって無理です。

 

ですが、お小遣い程度の収入を得るのは可能です。

 

月に1~3万円程度であれば、

ブログだけで稼ぐこともできるのですね。

 

月間10万PV程度、ブログに流入があれば、

2~3万円稼ぐことは可能です。

 

ブログ以外の売り物を持とう

 

ブログだけで、生計を立てるのは難しいです。

 

でも、どうしても自力で稼げるようになって

独立したいと考えている人がいると思います。

 

そんな人は、ブログ以外にも

何か売り物を用意しましょう

 

自分のブログ以外にも、

他のメディアで執筆を行っていたり、

セミナー、サロンを主催していたり

といった方法で稼いでいるブロガーを

よく見かけるのではないでしょうか。

 

単純に、ブログのみで生計を立てるのは難しいです。

 

ただブログ以外にも、

何か売りものがある場合は話が別です。

 

専門的な技術を持っている人は、

ブログが自分のスキルをPRする場になるわけですね。

 

そういったブログ以外のスキルを持っている人は、

少ないPVであっても、収益を上げることは

十分に可能なわけです。

 

ブログ一本で稼ぐのは、かなり厳しいです。

 

しかし、お小遣い程度の稼ぎであれば、

そんなに難しくもないです。

 

まずは、月間10万PVが一つの目安になるでしょう。

 

 

しんさんわーくすは、オリジナルのジングル制作を

1,000円から受け付けております。

 

まずは、ご気軽にDMをください。

 

あなただけのオリジナルジングルを制作します 企業や個人の動画などにご利用いただけます!

ブログのネタに困ったら気をつけたいポイントとは?

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。

アフターファイブ作曲家のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

 

ブログを成長させるには、

毎日コツコツと記事を更新するのが

王道と言われています。

 

でも、毎日ブログの更新を続けていると

必ずぶち当たるのが、ネタがない…

という問題です。

 

今回は、ブログに書くネタが思いつかないときに

試してみたい方法についてまとめてみます。

自分の身の回りの出来事をネタにする

ブログのネタが浮かばない人と

ネタがどんどん溢れ出してくる人との違いとは

何なのでしょうか?

 

その違いは、いかに小さなネタであろうが、

記事にすることができる能力

または、観察力にあります。

 

ネタがバンバン思いつく人というのは、

自分の身の回りで起こった小さな出来事を

ブログの記事としてコンテンツ化するのが

非常に上手です。

 

自分の住んでいる地域のネタは、

自分にとっては当たり前のことなのですが、

外の人間からみると新鮮で面白いのです。

 

そういった意味では、

田舎、地方に住んでいる人はブログのネタを見つけやすい

のではないでしょうか。

 

自分が知りたいこと、調べたことをネタにする

 

普段生活していると、何かしら疑問が浮かぶと思います。

そういった時、みなさんはどうしているでしょうか?

 

おそらく、スマホやパソコンを使って

ネットで検索をかけてみるのではないでしょうか。

 

ぼくなんか、気になったことはすぐ調べてしまわないと

気がすまない性格です。

 

ほんとうに、スマホやパソコンに依存しているな

とその度に思います。

 

話を戻しますと、せっかく調べたのだから

それを記事にしてしまいましょう

 

自分が気になったことなのだから、

他の人も同じように知りたいことのはずです。

 

調べたことを簡単にまとめるだけでも、

一つのコンテンツにすることができるのですね。

 

また、調べたことをすぐブログでアウトプットすることで、

記憶に定着しやすくなるというメリットもあります。

 

自分の仕事の知識をブログに書く

 

みなさんの仕事の知識をブログに書いてみましょう。

普段自分が仕事で使っている知識は、

かなり専門性の高い知識です。

 

仕事の知識をブログに書くことで、

読者に対するアピールにもなります。

 

仕事を頼む側からするとやはり、

専門的な知識を持った人に頼みたいわけです。

 

自分のブランド力、信用度を高めるためにも

ブログで仕事の知識をアウトプットすることを

おすすめします。

 

後は、仕事の知識を新たに勉強する際にも

ブログを活用しましょう。

 

ぼくの場合は、音楽・作曲が専門です。

最近は、オーケストレーションやシンセサイザーの

勉強をしているのですが、それをブログに書くといいわけですね。

 

勉強の効率を高めることもできますし、

ブログのネタにもなります。

 

同じように、オーケストレーションやシンセについて

学びたい人たちの役にもたちます。

 

まとめ

 

今回は、ブログのネタに困った時に試したい

3つの方法をご紹介しました。

  • 自分の身の回りの出来事をネタにする
  • 自分が気になって調べたことをまとめる
  • 仕事の知識をブログに書く

でしたね。

ブログのネタに困った時は、これらのことを試して

みてください。

 

目指せ!2倍速!!ブログ記事を速く書くコツ

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。
アフターファイブ作曲家のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

ブログで結果を出したいのなら、
記事を速くたくさん書く必要があるという話を前回しました。

ブログのようなストック型のビジネスは、
ストックをたくさん蓄えておくのが大切です。

記事をたくさんストックするためには、
毎日コツコツと淡々とブログを更新していくしかないです。

一方で、速く書くという点に関しては、
ちょっとのコツを意識するだけで、
改善することができそうです。

今回は、ブログの記事を速く書くコツについて
取り上げてみたいと思います。

書くべきことを最初に決める

記事を書きだす前に、
どんなテーマをブログで扱うのか。

どんな構成でブログを書き進めていくのか、
最初に決めてしまいましょう。

ぼくの場合は、キーワードプランナーや
googleのページの下部に表示されている
検索ワードをヒントにブログのタイトルを決めることが多いです。

そして、そのキーワードを使って、
ブログのタイトルを考えてしまいます。

初心者のうちは、ブログのタイトルから先に考えるという
方法はオススメです。

ブログのタイトルさえ決めてしまえば、
書くべきことの方向性が定まります。

ブログのタイトルを先に決めてしまう
ライティング法は、編曲と通じる部分があります。

音楽でも、アレンジをする際に
先にベースのアレンジを固めるという方法をとる人が多いです。

ベースのアレンジが固まることで、
全体の編曲の方向性が決まるのですn。

ベースは、曲の和音を支えたり、リズムを作り出したり
と非常に重要なパートです。

土台、基礎が大切ということなのですね。

ブログも同じように、土台がしっかりと決まってしまえば
あとはスムーズに記事を書き進めることができます。

ブログの型を決めてしまう

ブログを書く際、自分の型が決まっていると
速く記事を書くことができます

タイトルが決まり、すでに書くべき内容も見えてきている
わけなので、あとは自分の型に当てはめながら
記事を書いていくだけです。

国語の時間に習った、

「起承転結」

をイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。

この流れで書いていくと記事の展開がスムーズにいく
というわけですね。

しかし、「起承転結」は上級者向けの書き方だと
いう意見もあります。

「転」を省略した、

「起承結」のパターンで練習してみるとよいでしょう。

手を止めずに最後まで書ききる

記事を書いていると、
このあと何を書けばいいのか、

この表現でいいのか

など考えてしまい、手が止まってしまう人もいる
と思います。

ですが、速くブログを書きあげるためには、
一度最後まで書いて完成させてください。

一度書きあげた上で、推敲をしていけばいいのです。

途中で悩んでいると、
結構時間のロスになってしまうんですよね。

ブログは、リズムが大切です。

テンポよく記事を書き進めることができると
筆も乗ってきます。

書きたいことを一通り書いてしまってから、
あとから表現を変えてみる
といった工夫をすればいいのですね。

まとめ

今回は、ブログを速くためのコツをご紹介しました。

簡単におさらいしますと、

  • 最初に記事のテーマ、タイトルを決める
  • ブログの構成・型を決めておく
  • 途中で手を止めず、一度最後まで記事を書いてしまう

でしたね。
是非、ブログを書く際の参考にしてみてください。

人気ブロガーは、意外と同じような内容ばかり書いている

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。

アフターファイブ作曲のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

ブログを始めたばかりの頃は、とにかくたくさんの記事を書くことがよいとされています。

ブログで結果を出せている人を見てみるとわかるのですが、

記事のストックが多いです。

 

量をたくさんこなせるだけでなく、ブログを書くスピードも速い

初心者からすると、神ワザのようにも思えてしまいます。

たくさんブログを書くことができる人とそうでない人。

両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

ブログは同じことを何回書いてもいい

たくさんブログを書いている人の記事をいくつか見てみると
わかると思います。

実は、似たようなことを何回も書いていることが。

特に、自分の意見を主張するようなオピニオン記事だと
同じような記事になってしまう傾向があります。

考えてみれば、そりゃそうなんですよね。

人間の考え方なんてそんなに頻繁に変わるわけではありません。

どうしても、同じような主張を言い回しを変えて行う。
ということが多くなってしまうのですね。

ブログに限らず、ビジネス書でも同じような傾向が見られます。

試しに、本屋に行って、何冊かビジネス書に目を通してみると
いいでしょう。

別々の本なのに、似たような主張がかなりあることが
わかると思います。

何回同じことを書いてもいい

たくさん記事を書けるブロガーは、
同じような意見を切り口を変えて伝えている
というお話でした。

こういう書き方をすると
まるでそれが悪いかのように聞こえてしまいます。

でも、全くもってダメなことではないんですね。

むしろ、同じことは何回書いたっていいんです。

本当に伝えたいことであれば、
何度でも書くべきなのです。

多くの人に届けたい意見であっても、
一回書いたくらいじゃ到底届きません。

なぜなら、
ブログを見てくれている人はごく少数。

一部の人に過ぎないからです。

これは、月に10万PV、100万PVあろうが変わりません。

伝えたいことは何度でも、
しつこいくらいに書き続けるべきなのです。

まとめ

今回は、
いっぱい記事を量産できているブロガーであっても、
結構同じような内容を書いている。

本当に伝えたいことであれば、
むしろ何度でも書くべき。

というお話でした。

どうしても、1回ブログで扱ったテーマは
もう書いちゃいけない。

という固定観念があります。

でも、全然そんなことはなくて、
何十回、何百回ブログに書こうが問題ないのです。

ブログは、自分だけのメディアであり、
自由な表現の場です。

「何か毎回、同じよな内容になっているなあ…」

と思っても、気にせずブログを書いてしまいましょう。

ネットで稼ぎたい人必見!成長を加速させる方法とは?

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。

アフターファイブ作曲のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

タイトルがいかにも情報商材を売りつけそうな感じになっていますね(笑)

もちろん、そんなものは売りつけたりしませんので、ご安心ください。

ネットで稼ぎたいと思っている人に限らず、もっと普段の仕事においても結果を出したいと思っている人は、成長していくことが必要です。

ここでいう成長は、仕事のスキルアップや自分のメディアの拡大といった意味です。

最初に言っておくと成長したいなら、
ひらすら淡々と練習を繰り返すしかないです。

ですが、それだけだと身も蓋もない感じもします。

ブログのお話もここで終わってしまいますし(笑)

なので、より早く成長できるよう、
成長のスピードを加速させられるようなコツについて
今回は書いていきたいと思います。

大量に早くPDCAサイクルを回す

よく、ビジネス書なんかを読んでいると
PDCAサイクルという言葉が出てきます。

PはPlan(計画)

DはDo(実行)

CはCheck(チェック、評価)

AはAct(改善)

ですね。

このPDCAの順で仕事を回していくことで、
生産性や品質が向上していくといいます。

このサイクルを素早く、かつ大量に回す。

単純なことではありますが、
これができればだいぶ力がつきます。

「できれば」と書いたのは、
実際に行動に移すのが難しいからです。

実力をつけたいなら、まず量をこなすことが大切。

ぼくは、ブログでずっとこのことを
書き続けています。

実際に行動に移せているのかと言えば、
まだまだだと思います。

改善の余地は、まだまだあるということですね。

大量に速く行動に移せる。

シンプルなことですが、
結果が出る人は得てしてこれができているのですね。

あとから思い出して恥ずかしいと思えるようなこともする

別に下ネタではありませんw

必死になって行動している人って、
後から思い返すと恥ずかしくて身もだえるようなことでも
平然とできてしまうのです。

まだまだ実力がない状態であっても、
プロブロガーだとかプロのミュージシャンだと
名乗ってみる。

周りからは、痛いやつだ。
と思われるかもしれません。

でも、思わせておけばいいのです。

絶対になれる、やれるのだと
まず、自分が信じなくては行動に移せません。

どんなに、めちゃくちゃな文章・作品で恥ずかしいなー
と思っていても、世に送り出さなければ
評価もされません。

恥ずかしがらずに、自分をさらけ出すこと。
これが個性へと繋がっていくのですね。

アウトプットしたらインプット

ここまで述べてきた、大量に速く行動する。

恥ずかしがらずに、自分をさらけ出す。

ということをやっていくと、
自然とアウトプットの量も増えてきます。

そうするとだんだんアウトプットするのも
苦しくなってくるんですね。

何故か。

それは、そこまで大量にアウトプットできるくらいの
知識の蓄積がないからです。

その状態になったら、インプットをしましょう。

本を読んでもいいし、ネットで情報を集めるのもいいです。

それで、インプットしたらすぐにアウトプットをしましょう。

どんなに小さなことでもいいです。

自分が学んでよかったと思えることなら迷わず
アウトプットしてしまうことです。

ポイントは、アウトプットしてからインプットをする。
という順番です。

多くの人は、インプットをしてからアウトプットをしようとします。

知識を仕入れたことに満足してしまって、
アウトプットまでたどりつかない。

そうして、頭でっかちは出来上がっていくのですね。

ぼくがそうです(笑)

知識を仕入れて、そのままにしておくのは非常にもったいないです。

知識は使うことで身につきます

インプットして、すぐにアウトプットするというクセをつけると
成長も早いですし、なによりブログのネタに困りません。

アウトプットからのインプットという流れが大切なのですね。

まとめ

今回のポイントは、

  1. 大量に速くPDCAを回す
  2. 恥ずかしいと思えるような行動もバンバンする
  3. アウトプット→インプットの順で行動する

でした。

是非、ブログ運営や作品作りの参考にしてみてください。

ブログもオーディオストックも!ストック型ビジネス攻略のコツは◯◯だ!

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。
アフターファイブ作曲家のしんさんわーくす(@shinsanworks)です。

もっぴーさうんどさんの
このインタビュー記事が話題になっていますね。

フリーランス作曲家界隈ではカリスマ的存在
もっぴーさうんどさんの

作曲家として生活していけるようになるまでの
歩みがインタビュー記事で語られています。

フリーランス作曲家を目指す身としては
大変、興味深く読ませていただきました。

記事の中で印象的だったのは、
ストック型のビジネス
というワード。

従来の作曲家といえば、
仕事の依頼を受けて、曲を作り、納品するという
フロー型ビジネスが一般的だったと
記事で述べられています。

フロー型ビジネスの場合、作曲の依頼がなければ
収入もなくなってしまいます。

しかし、ストック型のビジネスの場合、
よく売れる人気の曲をストックすることができれば、
安定的な収入を得ることも可能なのですね。

そういった意味で、
もっぴーさうんどさんのようなストック型のビジネスであれば、
作曲家として生きて行くことも夢ではないのです。

ストック型のビジネスはすぐに成果がでない

インタビュー記事内でも触れられていましたが、
ストック型のビジネスの場合、
結果が出始めるまでに時間がかかります

曲を1曲、2曲作ったくらいじゃ、
世間に見向きもされません。

もっぴーさうんどさんは、
オーディオストックにBGMと効果音素材を合わせて、
600曲以上を登録しているのだそうです。

それくらいやらないと、
ストック型ビジネスで食っていくことは難しいのですね。

ストックする過程を楽しもう

「継続は力なり」

「結果を出したいなら、努力し続けよう」

などとよく言われます。

ストック型のビジネスも
これらの言葉が示す通り、継続が大切です。

特に最初のうちは、
まったく結果がでないので泣きたくなります。

自分には才能がないんじゃないか
と落ち込みたくもなります。

しかし、ストック型のビジネスって
そんなものなのです。

最初の頃なんて結果が出なくて当たり前です。

1曲作っては、

「また売れなかった…」

と落ち込んでしまっていては、精神衛生上よろしくありません。

なので、ストックする過程、
1曲、1曲を作る過程を楽しむようにしましょう。

徐々にストックが増えていく、
そのことに快感を覚えるようになってしまえば、
しめたものです(笑)

まとめ

今回は、ストック型ビジネス攻略のコツについて
書いてきました。

押さえておきたいのは、

  • ストック型ビジネスは、成果が出始めるのが遅い
  • コンテンツを作ること自体をもっと楽しむ
  • ストックが増えていくことに対して快感を覚える

です。

まずは、1年。

1年間真剣にブログやオーディオストックに取り組んでみましょう!

ミュージシャン・エンジニアブロガーが勘違いしがちなこと

 

ブログを読みに来てくださり、ありがとうございます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

ミュージシャンや絵描き、プログラマーなど、
ブログを書いているクリエイターは多いです。

そういったクリエイターがブログを続けていく際に
ある間違い、勘違いに陥りがちです。

ブログを続けたいなら完璧主義は捨てる

自分の作品の作品には、徹底的にこだわりたい。

これは、クリエイターなら誰もが思っていることでしょう。

しかし、この完璧主義はブログで成果を出す上では、
障壁となってしまいます。

ブログで結果を出すためには、
量をこなしていくということが必須となります。

ひたすら淡々と量をこなして、
少しずつ質も改善していく。

この繰り返しによってブログも成長していくのです。

でも、完璧な作品にしなきゃいけない!

と思いこんでいると記事を書くスピードも遅くなります。

そうすると、量をこなすこともできません。

極端なことを言ってしまえば、
100%完璧な記事じゃなくてもいい。

少しずつ執筆のスキルや記事の質を高めていけばいいのです。

そもそも、自分の理想の作品を追い求めていくことが、
クリエイターの醍醐味ですよね。

ブログも同じで、自分が理想とするブログのカタチを
追い求めていくことが大切です。

最初から完璧にやろうなんて思わない!

何でもいいから、まずは書いてみる!

初心者ブロガー必見!ブログネタがどうしても思いつかない時にオススメな方法

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

みなさんの中にもブログをやっているという方は多いと思います。

一応、ブログをやってはいるものの、何ヶ月も更新が止まっている。
という人も中にはいるでしょう。

ある程度ブログを続けていくと
書くネタが思いつかないという壁にぶち当たります。

ブログを書くとなると何か特別なことを書かないといけない。
という気持ちになりがちです。

でも、そもそもブログって個人的なものなので、
書くネタはなんでもいいんですよね。

今日一日で起こった些細な出来事をテーマにしてもいい。
自分の中のプチブームでもいいわけです。

じゃあ、何書いてもいいなら、ネタに困ることはないよね!

というとそういうわけでもないんですよね…

ぼくもそうなんですが、ブログに慣れてない頃って
ネタを探すのが下手くそなんですよね。

上級者だったら、ブログのネタにしちゃうようなことでも
見逃してしまう。

何でも好きなこと書いていいよ。
って言われると逆に難しいってやつですね。

では、ブログのネタをどうしても見つけられない初心者は
どうしたらよいのでしょうか。

過去に書いた記事と同じテーマを扱う

今回ぼくが提案したいのは、過去に自分が書いたブログ記事と
同じテーマでもう一度別の記事を書いてみる
ということです。

例えば、過去に

「なぜぼくはブログを書くのか?」

というテーマで記事を書いていたとしたら、
それと同じテーマでもう一度記事を書いてみる。

なぜか、一度記事で取り上げたテーマは扱っちゃいけないと
思っている人は多いです。

でも、全くもってそんなことはないんですよね。

むしろ、本当に伝えたいことであれば、何度でも書くべきなのです。

英単語だって、一回見ただけで全て記憶できる人は少ないですよね。
むしろ、一回だけだと覚えられないというのが普通なのです。

なので、大事なことは何度も何度も繰り返し言わないと
読者には伝わらない

とても大切なこと、伝えたいことなのに
一回ちょろっと書いたくらいじゃあ、
気づいてもらいないんですね。

大事なことは声を大にして言いましょう。

そもそも多くの人はブログを知らない

でも、何度も同じようなことを書いていると
読者からしつこいと思われるかもしれないじゃないか。

という声が聞こえてきそうです。

別にそれでもいいじゃないですか。

しつこいと思われるくらい、耳にたこができるくらい、
繰り返すべきなのです。
本当に伝えたいのであれば。

それにですね、
そもそもほとんどの人はブログを読んでくれないのです。

一回書いただけでは、その記事の存在は気付かれすらしないでしょう。
よほど、有名なブロガーだったら話は別ですが、
ぼくらのような駆け出しは、まずブログを読んでもらえません。

知名度があればそれに越したことはないです。
しかしながら、無名であることを卑下する必要は
これっぽっちもありません。

誰にも知られていないのなら、
泥臭く何度も何度も同じことを繰り返す。

無名には無名なりの戦い方があるのです。

まとめ

たとえ内容が同じようなことになったとしても
気にする必要はありません。

それだけ大事だということですし、
そもそも伝えたいことは限られています。

ごちゃごちゃ迷う前に、まず手を動かす!
そう自分に言い聞かせて、今日もブログを書きます。

ブログの真価は集客ではない!自分の成長にある!

 

ブログを読みにきてくださり、ありがとうございます!

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

みなさんの中でも、ブログを書いているという人は
多いと思います。

ブログを始める理由は人それぞれあるでしょう。

ただ単に、文章が書くのが好き。
ブログは、自己表現の場であるという人もいれば、

ブログを使って集客したい、自分のビジネスの宣伝ツールにしたい。
という人もいるでしょう。

ぼくも実は、後者のタイプでして、
自分の活動を知ってもらうためにブログを始めました。

でも、結果が出ている人はブログを楽しんでいるんですよね。

ビジネス云々より、ブログを書くことが楽しい。
ブログが書きたくて書きたくて仕方がない。

という人の方が、むしろ伸びる傾向にあると思います。

何故、ビジネス目的で始めた人が伸びないのか。
理由を考えてみました。

ブログを書き続けるモチベーションがわかない

ブログをただ単に宣伝のツールとして捉えていると
執筆のモチベーションがわきません。

ブログを始めたばかりの時なんかは特にそうです。

何故なら、ブログが誰にも読まれないから

有名でもなんでもない個人がある日いきなり、
ブログを始めたところで、ほんど読まれません。

結果を出していくためには、
ブログ運営を学んでいかなければいけません。

ブログ執筆のスキルを上げなければいけません。

そうなると、やはり量をこなしていく
ということが必要不可欠となってきます。

ブログをただ単に宣伝ツールと捉えている人は、
ブログを多くの人に読んでもらって、
自分のビジネス成功に繋げることが目的です。

でも、すぐに結果に結びつかないとわかると
やはりモチベーションというものは落ちてしまうのです。

しかし、ブログを書くのが好き。
ブログを書くという行為そのものが目的となっている人は
強いです。

結果が出なくても、ブログを書き続けることができるから
ですね。

そういう人は、自然と量もこなせるので
結果がでやすいということです。

そもそもブログの真価は集客ではない

なぜ、ブログを書くのか。
というそもそも論になってしまいますが。

ブログを書くことで集客ができる。

これは、ブログの持つメリットの一つに過ぎないのではないかと
最近思うようになりました。

ブログを書くことで得られる最大のメリットは、
自己成長だと思ってます。

例えば、自分が本やネットでインプットした情報を
ブログに書いてアウトプットする。

最も記憶に定着する学習方法は、誰かに教えること。
と言われています。

新しく学んだことを文章化して、誰かに説明する。
ブログを書くことで学習の効率を高めることができる
のですね。

あとは、ブログの運営も自己成長に繋がります。

ブログを始めたばかりのころは、
ほとんど読まれません。

誰かに読まれるブログにするには、どうすればいいのか。

ブログ運営の情報を集めたり、自分のブログの分析を行ったりします。

そして、仮説を立てて行動を改善してみる

これってブログに限らず、すべての分野において、
結果を出すためには必要なプロセスなんですね。

ブログに本気で取り組むことで、
ビジネスに必要なスキルを磨くことができるのです。

まとめ

今回は、ブログで得られる真のメリットについて
書いてみました。

真のメリットと書くと少々大げさな感じもしますが、
自己成長に繋がるというのは、ブログの持つ大きな利点
なのではないかと思います。

どうしても、集客だとか収益化などといった方面に
気をとられがちです。

(ぼくがそうでした笑)

ですが、そんなのはメリットの一部にすぎません。

ブログを続けていくことで、自分の成長につながる

ブログという自分のメディアが育っていくにつれて、
自分自身も成長していく。

これって素晴らしいことだと思います。

とにかくなんでもいいから書いてみる。

今は小さな想いでも、積み重なって
きっと誰かに届くようになる。

これからもコツコツブログを書いていきましょう!

ホームページがあると買う側としても嬉しいよね

 

ブログを見にきてくださり、ありがとうございます。

しんさんわーくす(@shinsanworks)です。

最近、ブログやホームページなど、自由に自分の情報を発信できるメディアを持つことが大切だということを強く実感しております。

 

ホームページの大切さを痛感したきっかけ

 

ぼくが、ホームページを持つことの大切さを改めて実感したのは、バイクショップを検索していた時のことです。

バイクが趣味になりそう
ということは、以前の記事にも書きました。

バイクって乗るのも楽しいですが、何に乗りたいか探す時間も楽しいのですね。

 

バイクを買う際、まず気にするのは新車と中古車のどちらを買うかでしょう。
ぼくの場合は、初心者ということもあり、入門用のバイクは中古にしようと決めました。

今の時代はネットでなんでも買えちゃいます。

それはバイクも例外ではありません。

もう乗らなくなったバイクを売りたいという人は、ネット上にたくさんいます。

しかしながら、バイクは決して安い買い物ではありません。

ネット通販大好きなぼくですが、流石にバイクを買う勇気は出ません。

やはり、売り手の顔が見えて信頼の置ける相手から買いたいです。

ということで、近所にバイクショップはないか検索しました。
ぼくは地方に住んでいるので、バイクショップの数もそこまで多くありません。

近隣の市町村まで足を運べば、店がないこともないのですが、
さすがに、しらみ潰しにすべてのバイクショップに赴くわけにもいきません。

時間もあまり取れませんしね。

てなわけで、ホームページを見て
よさげな店があれば行ってみることにしました。

 

それで、しばらく検索をしてみたのですが、
そのバイク屋で何が売られているかの情報がほとんど出てきません。

それどころか、ホームページすら持っていない店が実に多いこと…

やっとの思いで見つけたサイトが、
小さな町にポツンとあるバイク屋のものでした。

その町は子供のころからよく行っていて、
バイク屋自体もあることは知っていました。

店の規模はそんなに大きくないものの、
きちんとしたホームページがあることが
とても嬉しかったですね。

販売されているバイクも紹介されており、
気になったマシンがあったので
実際に店に足を運ぶことにしました。

店員さんの対応も良く、楽しい時間を過ごすことができました。

口コミなどで調べてみると、
ぼくが住んでいる地域のライダーの間では
有名なお店だったようです。

やっぱりホームページを持たないとね

ここまで、ぼくがバイクを探した時のエピソードを書いてきました。

ぼくは、ホームページを見てどんなバイクが売っているのかを調べ、
店に行くことを決めました。

ホームページがないことで、候補から外れた店もたくさんあります。
これは売り手側からすると、大きな機会損失なんですよね。

今回はバイク屋を例にあげましたが、
クリエイターが作品を売っていく際にも同じことが言えますね。

ホームページがないことで、そもそも活動自体が知ってもらえない
ホームページがあったとしても、どんな作品を創っているのかが
分からない

こういった状態ですと、せっかく収益に繋がるかもしれなかった
案件を逃してしまうこともあります。

フリーランスとして活動していくのならば、
簡単でもいいから自分のサイトを持っておくべきですね。